BBS Form

絵文字・動画
(投稿前に内容を確認)
  

オンラインセミナー「発達障害に対するSST」

オンラインセミナー「発達障害に対するSST」

■概要
 SST(社会生活技能訓練 Social Skills Training)とは、当事者が生活の中で希望し必要とする「ものの考え方」と「行動のとり方」の学習を本人と共に進めていく支援の方法です。SSTはエビデンスの明確な訓練方法として知られていますが、SSTは支援者や周囲の人が強制的に押し付けるトレーニングではありません。対象者自身の夢や希望に沿いながら望んでいる生活に向けて支援者が一緒に考えることが大切です。
 また、SSTは発達障害(ASDやADHD)にも効果があると言われています。ただ、発達障害の方には独特の認知特性などがあるため、彼/彼女らへのSSTでは、対象者の特性に応じた方法が必要になります。セミナーでは、そうした工夫についても触れる予定です。
 今回のセミナーでは、発達障害に対するSSTについて、経験豊富な認定講師が今までの数多くの発達障害の実践をもとに、様々なアセスメントの方法やコミュニケーションに係る目標を共有し、SSTへの動機づけをして参加を促す過程について説明したいと思います。
 さらに質疑応答の時間を多く取らせていただきます(質問の数によっては全て取り上げることができない可能性もありますので、ご了承ください)。

■本セミナーで学べること
・SSTの基本的方法
・個人SSTの方法
・子どものSSTの特徴
・(SSTのための)クライエントのアセスメントの方法
・SSTを使った就労支援の方法

■講師
吉田悦規 先生
 資格:看護師、精神保健福祉士、一般社団法人SST普及協会認定講師(2003年取得)
 職歴:1984年~1997年に阪本病院。1997年~2006年に大阪自彊館(救護施設)。2004年~2021年に宝塚三田病院に勤務。
 臨床:2005年から2018年まで、奈良障害者職業センターにおいてリワーク支援に従事する。関西において、発達・知的障害のSSTの研修会の講師を務める。就労支援におけるSSTを15年近く実施した経験がある。発達障害・知的障害・就労支援でのSSTを得意としている。
 表彰:2004年から、刑務所において、受刑者に対する社会復帰活動及び就労支援活動の講師を務め、2017年に法務大臣感謝状を受ける

■日時
ライブ配信:2022年8月21日(日)10:00~16:00(途中休憩1時間)
アーカイブ視聴:2022年8月22日(月)~10月31日(月)

■参加費
7,200円
・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。
・システムの問題、急用、体調不良などで当日十分に視聴できない時でも返金します。

■オンライン開催
 Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。
 スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。
 参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。
https://zoom.us/download

■アーカイブ視聴
 セミナーの様子は録画します。回線状況などで部分的にセミナーを見ることができなかった方や、ご都合でお休みされた方は後日にアーカイブで視聴することができます。アーカイブを視聴できる人はセミナーに参加申し込みされた方に限ります。
 アーカイブ視聴のみのお申し込みも可能です。
 視聴方法は参加費の振り込みの後に案内いたします。

■参加資格
 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。発達障害やSSTなどに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■参加方法
参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。
https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント申請可能です。

■申し込み期日
ライブ配信に参加の方:2022年8月18日(木)まで
アーカイブ視聴を希望の方:2022年10月27日(木)まで

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com

■セミナーの詳細
https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-developmental-disability-sst
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2022/05/14 (Sat) 17:11:22

セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスを取り入れた認知行動療法

オンラインセミナー「セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスを取り入れた認知行動療法」

■概要
 セルフ・コンパッションとは、「自分への思いやり」のことで、アメリカの自己心理学者クリスティン・ネフ先生が2003年に発表して以来、英語圏を中心に広まりました。ネフ先生によると、セルフ・コンパッションは「マインドフルネス」「自分への優しさ」「共通の人間性」という3つの要素から成り立ち、ただ自分を思いやるだけではなく、ありのままの自分を受け入れ、自分を大切にして、人とのつながりを感じるような態度のことをさします。
 ヨガは、サンスクリット語で「つながり」を意味し、心と身体がつながっている状態を表し、呼吸や姿勢、瞑想を組み合わせて、心の安定とやすらぎを得るものです。現在は、トラウマ治療に対して身体からアプローチする方法の有効性が示されており、トラウマに対処するためのヨガが開発されています。また、ジョンカバットジンによるマインドフルネスストレス低減法では、マインドフルネスの1つとしてマインドフルネスヨガの実践が行われています。
 セルフ・コンパッションやヨガは、クライエントと心理療法に取り組む前に、安心・安全のワークとして、ストレス解消法のひとつとして実践することができます。認知行動療法はストレスに対して、トップダウン的に対処する方法の一つです。その際に、ボトムアップ的な対処法と組み合わせることでより効果が期待できると考えています。また、クライエントが自分自身とどのように接するか、どう向き合っていくかは病状に影響をします。治療をより促進するためにも、セルフ・コンパッションを高めることは有効だと考えます。
 本セミナーでは、セルフ・コンパッションの概要や理論背景、実施の留意点について紹介するとともに、実際のワークの実践を通して、体験的な理解の促進を図ります。
 セルフ・コンパッションは、セラピスト自身のストレスケアにも役立ちます。自分より他者を優先し、自分のストレスケアはおろそかになっている人も多いのではないでしょうか。私自身、困難事例を対応するときにとても役立っていると感じています。興味がある方は、ぜひ体験してみてください。
 *Zoomのブレイクアウトルームを用いたグループワークを行います。その際、カメラとマイクはONにしてもらうと助かります。もし難しい方はカメラをオフにしての参加や、グループワークの時間は参加せずに待機でも可です。

■本セミナーで学べること
・セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスの基礎知識
・セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスの体験的理解
・セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスの実施方法
・セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスをカウンセリングに取り入れる方法
・セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスを使ったストレスケア

■講師
石上友梨 先生
 所属:東京CBT-YOGA
 資格:公認心理師、臨床心理士、全米ヨガアライアンス認定RYT200取得
 学会:日本臨床心理士会、日本公認心理師協会、International Society of Schema Therapy
 経歴:大学・大学院と心理学を学ぶ。心理職公務員として経験を積む中で、身体にもアプローチする方法を取り入れたいと思い、ヨガや瞑想を学ぶため留学。帰国後は、医療機関、教育機関などで発達障害や愛着障害の方を中心に認知行動療法やスキーマ療法等のカウンセリングを行っている。また、マインドフルネスやヨガクラスの開催、書籍の出版、講演会、アプリの監修など、幅広く活動している。
 臨床:精神科クリニック、私設カウンセリングルーム、心理職公務員、スクールカウンセラーなど

■日時
ライブ配信:2022年7月18日(月祝)10:00~16:00(途中休憩1時間)
アーカイブ視聴:2022年7月19日(火)~9月26日(月)

■参加費
8,400円
・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。
・システムの問題、急用、体調不良などで当日十分に視聴できない時でも返金します。

■オンライン開催
 Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。
 スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。
 参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。
https://zoom.us/download

■アーカイブ視聴
 セミナーの様子は録画します。回線状況などで部分的にセミナーを見ることができなかった方や、ご都合でお休みされた方は後日にアーカイブで視聴することができます。アーカイブを視聴できる人はセミナーに参加申し込みされた方に限ります。
 アーカイブ視聴のみのお申し込みも可能です。
 視聴方法は参加費の振り込みの後に案内いたします。

■参加資格
 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。セルフ・コンパッションやヨガ、マインドフルネスなどに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■参加方法
参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。
https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント取得可能です。

■申し込み期日
ライブ配信に参加の方:2022年7月14日(木)まで
アーカイブ視聴を希望の方:2022年9月22日(木)まで

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com

■セミナーの詳細
https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-selfcompassion-yoga-mindfulness
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2022/05/14 (Sat) 16:18:41

アーカイブ視聴「さまざまな領域における児童虐待への対応とケア」

アーカイブ視聴「さまざまな領域における児童虐待への対応とケア」

■概要
 児童虐待はたびたび報道でも取り上げられている極めて高い関心が寄せられている事柄です。そして、臨床心理士や公認心理師といった心理職が児童虐待に関わることは非常に多いのが現状です。また、心理職が効果的な関わりを期待されることも非常に多いようです。児童虐待の対応は一つの領域だけで、一人の人間だけで完結することはありません。複数の領域にまたがり、さらに多数の専門職が関わり、そして、相互に連携をしながら進めていかねばなりません。
 このセミナーではシンポジウム形式で、こうした現状を顧みて、さまざまな領域での心理職の役割や意義について議論し、検討することを目的としています。心理職として、学校教育、児童相談所、児童養護施設、精神医療で勤務をする4人のシンポジストからそれぞれの現場の中での児童虐待に対する関りを話題提供してもらいます。最後に指定討論の北川から4人のシンポジストに対する討論や質問を行います。その後に、参加者とのディスカッションを行う予定です。
 子どもの臨床や児童虐待に興味関心を持っておられる心理職や対人援助職の方は是非ご参加ください。

■講師
・加藤純 先生(公立学校SC、臨床心理士、公認心理師)
・上久保美佳 先生(横須賀市児童相談所、臨床心理士、公認心理師)
・菅野恵 先生(和光大学、臨床心理士、公認心理師)
・湯野貴子 先生(ファミリーメンタルクリニックまつたに、臨床心理士、公認心理師)
・北川清一郎(心理オフィスK、臨床心理士、公認心理師)

■視聴期間
2022年4月25日(月)~7月4日(月)

■視聴時間
約3時間

■参加費
3,900円
・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。
・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。

■アーカイブの視聴方法
参加申し込みをし、振り込みのあった方には視聴方法の具体的な案内をメールいたします。視聴はVimeoのシステムを使用しています。標準的なパソコン、タブレット、モバイルで、以下のブラウザを使用すれば問題なく視聴可能です。

Chrome 30以降
Firefox 27以降
Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Safari 9以降

■参加資格
 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。児童虐待に興味のある方ならどなたでも参加可能。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。
https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のために必要な要件を満たしてないので、ポイントは取得できません。

■申し込み期日
2022年6月30日(木)まで

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com

■セミナーの詳細
https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-child-abuse
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2022/05/11 (Wed) 21:27:46

アーカイブ視聴「アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動」

アーカイブ視聴「アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動」

■概要
 アタッチメントと発達特性は、特に子どもの臨床現場においては必ず見聞きするトピックです。アタッチメントの発達はまさに生まれた直後より始まり、発達特性もまた生まれた直後より子どもの発達に影響し続ける事を考えると、それは必然とも言えるかもしれません。
 しかし、いずれも人生のごく初期から子どもの育ちに強く関係するという事実は、時として子どもが示す行動がアタッチメント由来なのか、発達特性由来なのか判断を難しくさせる事もあります。
 また、アタッチメントの課題と愛着障害が混同されて使用されている場合もあり、そもそもアタッチメント自体が誤解されている印象も受けます。
 そのため、アタッチメントとは何か、子どもは通常どのような発達を辿るのか、その育ちが発達特性や主たる養育者などの影響を受けどのように分岐していくのか、それに伴いどのような行動上の問題が生じ、どのようにアセスメントし対応していくのかを、行動理論をベースに架空事例を交え、お話ししていきたいと思います。架空事例は児童臨床の先生方にもご協力を依頼しました。
 今回は質疑応答だけでなく、事前質問を募りそれに答えていく時間も用意していますので、日々の疑問なども是非お寄せ頂ければと思います(質問の数によっては全て取り上げることができない可能性もありますので、ご了承ください)。
 多少専門用語は使いますが、心理職だけでなく子どもに関わる様々な職種の方や保護者にも分かるようにお話します。心理職の方は1年目~5年目を想定しています。

■本セミナーで学べること
・アタッチメントの基礎知識
・一般的な子どもの発達
・発達障害や発達特性について
・行動のアセスメントと対応
(このセミナーでは対応出来ない事:愛着障害の詳しい事柄やトラウマ関連の事柄)

■講師
腰英隆 先生
 所属機関:発達支援事業所の管理者、児童発達支援管理責任者
 保持資格:臨床心理士、公認心理師
 所属学会:日本発達心理学会
 経歴:大学院修了後、引きこもりの社会復帰支援や中学校の相談員を経て、障害者支援施設にて約6年勤務。その際、行動上の問題の大きさや、それにより当事者の方々の生活だけでなく人権も大幅に制限される場面を目の当たりにし、早期支援の必要性を強く感じ現職に就く。現在では、子どもの発達のアセスメント(検査含む)と支援、関係機関との連携、調整、交渉、事業所内での人材育成、地域の幼・保園のコンサルなどを行っている。

■視聴期間
2022年6月27日(月)まで

■視聴時間
約5時間

■参加費
8,600円
・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。
・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。

■アーカイブの視聴方法
参加申し込みをし、振り込みのあった方には視聴方法の具体的な案内をメールいたします。視聴はVimeoのシステムを使用しています。標準的なパソコン、タブレット、モバイルで、以下のブラウザを使用すれば問題なく視聴可能です。

Chrome 30以降
Firefox 27以降
Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Safari 9以降

■参加資格
 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。発達支援やアタッチメントに興味のある方ならどなたでも参加可能。また発達やアタッチメントに課題を抱える子どもをもつ家族や保護者の方。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。
https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント申請可能です。

■申し込み期日
2022年6月23日(木)

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com

■セミナーの詳細
https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-attachment-development
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2022/05/07 (Sat) 15:35:56

第66回CANセミナー自閉の子の会話を育てるー児童発達支援の現場からー

【会場、定員、日時】
A)大阪(大阪市淀川区十三東3-11-15 地域活動支援センターすももクラブ)
 10名 2022年11月13日(日)午後1時~4時 
B)兵庫(姫路市総社本町112番 イーグレ姫路)
 20名 2022年11月27日(日)午後1時~4時
C)滋賀(大津市浜大津4-1-1 大津市ふれあいプラザ)
 30名 2022年6月30日(木)午前9時~12時 
【講師】山本正志(言語聴覚士 ことばの相談室ひなたぼっこ)
【内容】『自閉症の子の会話を育てる2』(文理閣刊)
【受講料】各回とも3,000円(当日受付でお支払い下さい)
【定員】上記の通り(先着順) 
【申込み】メールで申し込んで下さい 
 あて先:cansemina@yahoo.co.jp  件名:第66回CANセミナー申込
内容:①氏名(ふりがな) ②所属、職種(支援員、STなど)③希望会場 A),B),C)
④連絡先(メールアドレスと電話番号の両方を記入して下さい)
*新型コロナの影響により変更することがあります。その時は申込者にメールで連絡します。
*いただいた個人情報は当法人で厳重に管理し、セミナー案内など当法人の活動以外の目的では使用いたしません。
主催:NPO法人コミュニケーション・アシスト・ネットワーク
共催(大津会場のみ):らく相談室まなえだ(大津市)

  • コミュニケーション・アシスト・ネットワーク
  • URL
  • MAIL
  • 2022/05/02 (Mon) 14:37:31

口蓋裂言語検査講習会のお知らせ

第4回 口蓋裂言語検査講習会 ~明日から使える!聴覚判定のコツ~


日時:
5月28日(土)13:00-14:00
(第48回日本コミュニケーション障害学会学術講演会開催中)

会場:
愛媛大学城北キャンパス
(第48回日本コミュニケーション障害学会開催地)


内容:
口蓋裂の言語臨床では、鼻咽腔閉鎖機能と構音機能を正しく評価することが必要です。しかし、実際の臨床では開鼻声などを正しく判定することは難しいと感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の講習会では、検査の解説と聴覚判定のポイントを中心にお話します。さらに、前回の講習会で大好評だった聴き取り演習を症例数を増やして行う予定です。検査法の使用経験、口蓋裂言語の臨床経験、職種は問いません。検査法をお持ちでない方もご参加いただけます。
口蓋裂言語検査は誰でも簡単に実施できます。ぜひこの機会に様々な音声をご一緒に聴きあわせませんか。たくさんの方のご参加をお待ちいたしております。

その他:
講習会費:無料
※学会参加費 事前登録:会員10,000円、非会員11,000円
当日参加費:会員11,000円、非会員12,000円

問い合わせ先:
日本コミュニケーション障害学会 口蓋裂言語検査ワーキングチーム
email: kougairetsugengokensa@gmail.com

応募方法:第48回日本コミュニケーション障害学会学術講演会の参加者は、どなたでも参加できます。事前参加申し込みは不要です(定員30名)。
  • 水野友貴
  • MAIL
  • 2022/04/28 (Thu) 10:31:37

小児講座の講演会情報

月曜日から診かたが変わる小児講座
5/21(土)10:00~11:30 
JAとりで総合医療センター
湯浅美琴先生
言語発達障害の全体的な評価の流れのほか、発達に関連する様々な視点から、検査場面や自由遊びの中でお子さんの行動をどう考察し訓練に結びつけていくのか、そのプロセスを解説して頂きます。

6/17(金)20:30~22:00
北海道立子ども総合医療・療育センター
山地純也先生
ASD・ADHDのお子さんの評価・訓練方法について実際に行っている方法を中心にお話をして頂きます。

7/22(金)20:30~22:00
水戸メディカルカレッジ
稲川 良先生
認知神経リハビリテーションのご専門家でいらっしゃる稲川先生に機能性構音障害についてご講演して頂きます。他では中々聞くことができないお話だと思います!

※1回ずつの参加もOKです!まとめてお申込頂くと、¥1,500お得です!
※お申込はホームページからお申込いただけます。https://www.studylabo-japan.com/
※1講座¥3,000(税抜)・2週間オンデマンド視聴付
  • STudyLabo
  • URL
  • MAIL
  • 2022/04/27 (Wed) 14:47:30

セラピストもできる障害児通所支援の起業について〜言語聴覚士がセラピストから経営者に〜

行動リハビリテーション研究会主催
セラピストもできる障害児通所支援の起業について〜言語聴覚士がセラピストから経営者に〜
講師:森下浩充先生(一般社団法人 FOREST BEAR もりもりの森 代表 言語聴覚士)

高知県の言語聴覚士が,応用行動分析学を基礎とした児童発達支援と放課後デイサービス,保育所等訪問支援を提供している多機能型事業の経営者として活躍しております.その経験をもとに起業に必要な知識や方法を解説します.

日時:2022年5月22日(日)10:00〜11:30
方法:ZOOMオンラインセミナー
参加費:会員1,000円 非会員 2,000円 学生 1,000円
定員:100名(先着順)
参加登録締め切り:2022年5月17日(火)
申込方法:「障害児通所支援の起業について」と件名に入れ,koudo.reha.kensyu@gmail.com まで,①氏名,②所属,③職種,④当研究会の会員・非会員, ⑤パソコン用メールアドレスを記載して下さい.ご入金確認後メールにてURLをお知らせいたします。(5月19日頃を予定しております)
詳細は行動リハビリテーション研究会ホームページ http://koudo-reha.kenkyuukai.jp/event/ にてご確認ください.

※本研修会の参加費は事前振り込みとなります.研修会当日2週間前までに以下のようにお振り込みください.たいへんお手数をおかけいたしますが、事務手続き上よろしくお願い申し上げます。
銀行名:みずほ銀行三ツ境支店
預金種別と口座番号:普通預金 1675656
口座名:行動リハビリテーション研究会
振込名義:振込名の前に研修会日(4桁)の数字を入れて下さい.
(例えば2月20日であれば、0220コウドウハナコ)
その他:お振り込み後は,事由に関わらず返金不可となりますのでご承知おきください.また振込手数料は参加者のご負担となりますのでご了承ください.

問い合わせ先:行動リハビリテーション研究会事務局 koudo_reha@yahoo.co.jp
  • 行動リハビリテーション研究会
  • URL
  • MAIL
  • 2022/04/20 (Wed) 16:26:47

アーカイブ視聴「カウンセリングで出会う3つの困難と対応:自死、思春期、面接の中断」

アーカイブ視聴「カウンセリングで出会う3つの困難と対応:自死、思春期、面接の中断」

■概要
 このセミナーでは、2021年に行った二つの研修のアンケートでリクエストがあったトピックとして、カウンセリングで臨床家が出会ういくつかの困難(自死、思春期、面接の中断)について考えることを目的にしています。
 臨床家にとって、それぞれが避けにくいものです。カウンセリングには回復や改善に至る円満な終了もありますが、さまざなま事情での中断があります。臨床家のほうの事情(退職や転職、病気など)のこともあれば、クライエントの事情のこともあるでしょう。
 そこには少なからず、死にまつわる話題が含まれてきます。カウンセリング場面で、死にたいと言われることは稀ではありません。自傷行為を繰り返す方、低体重の方、より危険性の高い行動を試みる方との面接を続けて行くこともあります。
 特に、思春期のケースでは、彼らのエネルギーに臨床家のほうが圧倒されそうになることもあるかもしれません。臨床家のほうが試されるような場面でどのように、何ができるかを考えるセミナーにしたいと思います。
 そのうえで、臨床家の事情でカウンセリングを中断や終結しなければならない場面で、どのように終了するのかを、ソリューション・フォーカスド・アプローチの知見を用いながら例示したいと考えています。
 年度の終わりは、異動や転職に伴い、ケースの引継ぎも生じると思いますので、そのような場面にも役立つようなものになればと思います。また、講師の体験をベースとした内容にはなりますが、精神科クリニックに20年勤務してきた経験が皆さんのお役に立てれば幸いです。

■本セミナーで学べること
・クライエントの自死や自傷への対応
・思春期のクライエントの対応
・面接の中断や終結に対する対応
・その他、カウンセリングで出会う困難な事態に対する対応等々

■講師
福地周子 先生
 所属:橿日会かしい心療クリニック、こころの相談室ねこのて
 資格:公認心理師、臨床心理士
 学会:日本心理臨床学会、日本ブリーフサイコセラピー学会、日本精神分析学会
 出身大学院:早稲田大学大学院、久留米大学大学院
 これまでの経歴:早稲田大学大学院で教育学修士取得後、会社員経験を経て、久留米大学大学院に進学し、臨床心理学を学びました。2002年から現在まで、橿日会かしい心療クリニックに勤務しています。並行して、福岡県スクールカウンセラー、福岡女子短期大学非常勤講師として勤務していた時期もあります。

■視聴期間
2022年6月13日(月)まで

■視聴時間
約5時間

■アーカイブの視聴方法
参加申し込みをし、振り込みのあった方には視聴方法の具体的な案内をメールいたします。視聴はVimeoのシステムを使用しています。標準的なパソコン、タブレット、モバイルで、以下のブラウザを使用すれば問題なく視聴可能です。

Chrome 30以降
Firefox 27以降
Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Safari 9以降

■参加費
7,300円
・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。
・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。

■参加資格
 臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、キャリアコンサルタント、看護師、教師、保育士、臨床心理士養成大学院の院生など。カウンセリングや心理面接の中で困難について関心のある方。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。
https://s-office-k.com/professional/seminars/pro-sem-contact

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目で申請する予定です。アーカイブ視聴でも取得可能です。

■申し込み期日
2022年6月9日(木)

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com

■セミナーの詳細
https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-three-difficult-situation
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2022/04/17 (Sun) 15:04:41

【待望の支援編 宇野彰直伝!!目からウロコの読み書き障害】

【待望の支援編 宇野彰直伝!!目からウロコの読み書き障害】

■講師:発達性ディスレクシア研究会 理事長 宇野彰
元筑波大学教授。言語聴覚士でもあり、医学博士。 発達性読み書き障害や特異的言語障害があるお子さんを対象とした 検査開発やトレーニングに携わる第一人者。

■日程:4月24日(日)13:30~15:00
■参加費:5,000円

■開催方法:リアル&オンライン開催(Zoomによるライブ配信)

■イベント詳細
待望の支援編がついに開催!
臨床の現場の豊富な経験から「学習障害を学ぶ」
宇野彰直伝!目からウロコの読み書き障害~支援編~

読み書き困難は、知的発達に遅れがないとしても「読む」ことや「書く」ことに
苦手さを抱える状態を指します。8%ほどの発生率があると言われていますが、
支援の手はまだまだ行き渡ってはいません。
本講座では、読み書きの発達障害研究の最前線で活躍し、
STRAW-Rの開発者でもある宇野彰先生から、支援者・教員を対象として、
読み書き障害の支援について直に教わります。

お問い合わせ 一般社団法人読み書き配慮 野中聡子
support@yomikaki.or.jp
  • 一般社団法人読み書き配慮 事務局 野中聡子
  • URL
  • MAIL
  • 2022/04/13 (Wed) 09:50:12