BBS Form

絵文字・動画
(投稿前に内容を確認)
  

第21 回運動器系体表解剖セミナー兵庫A コース開催のご案内

第21 回運動器系体表解剖セミナー兵庫A コース開催のご案内

体表解剖学研究会
会長 磯貝香


拝啓 余寒の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、今回兵庫県のハーベスト医療福祉専門学校を会場に、表記のセミナーを開催する運びとなりましたので、ご案内致します。我々セラピストにとって、骨・筋の構造や神経の走行を理解し、体表から適切に触察できる技術を習得することは、評価の信頼性や治療技術の向上につながるものと考えられます。机上で学ぶ解剖学ではなく、実際に体表へ骨・筋・神経を投影していくことで、より具体的な身体構造のイメージがしやすくなると思います。
つきましては、是非皆様方のご参加をお待ちしております。
敬具




【内容】骨・筋・神経を中心とした解剖学的特徴の講義・触察法のデモンストレーション・触察実習(頸部、胸部、肩甲帯、上腕部、前腕部、手部の評価と治療に必要な筋を対象)
【講師】講義担当講師・デモンストレーション担当講師・触察実習担当講師は当研究会HP をご参照ください。
*触察実習では、受講者4~8 人に1 人ずつの触察実習担当講師が指導させて頂きます。
【日程】平成29年6月10日(土)11日(日)、7月15日(土)16日(日)、8月26日(土)27日(日)
※上記3 週末、合計6 日間(32 時間)のコースとなっています。
詳細のプログラムに関しては、当研究会HP をご参照ください。
【時間】土曜日14:00~19:00(7/15 のみ14:00~18:00) 日曜日9:00~16:00
【会場】ハーベスト医療福祉専門学校(兵庫県姫路市南駅前町91−6)
【対象】PT・OT・ST・医師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師など
【定員】60 名(先着順) 【申込期間】平成29 年2 月1 日(水)12:00~
【受講料】42,000 円(全6 日間)
【テキスト】改訂第2 版骨格筋の形と触察法(編集:河上敬介・磯貝香大峰閣12,000 円+税)
※本セミナーは、上記のテキストを使用します。会場にて著者割価格(約15%OFF)で販売しますので、お持ちでない方はセミナー申込みフォームにご入力ください。
【申込み方法】当セミナーは、当研究会ホームページ(http://surface-anat.com/)の申込みフォームからの、「Web 申込み」のみとなっております。
①HP の申込みに関する内容、注意点を熟読した上、申込みフォームに記入し送信してください。
※携帯メールアドレス(添付ファイルが受け取れないもの)、FAX での受付は行えません。
②申込みフォーム送信後、自動返信メールが送信されます。
※自動返信メールが受信できない場合は、お手数ですがその旨を下記お問い合わせ先までメールでお伝えください。
③自動返信メールの内容を確認の上、その内容に従い受講料を指定の口座にお振込みください。
※振込みの際は、必ず申込者本人の個人名でお願いします。
④事務局にて受講料入金確認後、事務局より受講票ならびに諸注意を送信致します。
以上で受講手続き完了となります。
【研究会ホームページアドレス】http://surface-anat.com/
【事務局・問い合わせ先】体表解剖学研究会担当:岡部孝生(土佐リハビリテーションカレッジ理学療法学科内)
E-mail : okataka0317@gmail.com
※問い合わせの際は、件名を「第21 回運動器系体表解剖セミナー兵庫A コース問い合わせ」とご記入ください。
以上
  • 体表解剖学研究会 
  • URL
  • MAIL
  • 2017/02/23 (Thu) 09:31:16

ADL の根拠に基づくアプローチ 食事編 in名古屋  開催のご案内

【ADL の根拠に基づくアプローチ 食事編 in名古屋 開催のご案内】


                       国際統合リハビリテーション協会東海支部
                             代表 作業療法士 比嘉 菜津美


謹啓 先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
今年度も残すところあと 2 ヶ月となりましたが、4月に入職された若手の先生方も来年度からの新入職員の就職を控え、学習意欲も高まりつつある時期かと存じます。
さて、今回は、上記研修会のご案内のため、ご連絡さし上げました。現在は、「日常生活活動(ADL)に問題を抱えた対象者様に出会わない」ことはまずないかと思います。
また、診療報酬としても ADL 向上は重視され、その証拠に今年 PT、OT、ST にかかわらず、ADL への介入が求められています。
しかし、ADL に対する介入方法について、「どう評価していいかわからない、アプローチの仕方がわからない、今やっているこの訓練に意味があるのだろうか」などの声が若手療法士を中心に多く聞かれています。また「ADL に特化した研修会が少ない、勉強方法に悩んでいる」という事も聞かれます。
このような事を踏まえ「ADL の根拠に基づくアプローチ~食事編~」を開催させていただくことを決意しました。
キーワードは「ADL」と「根拠」。療法士にとって共通する機能解剖学的な知識と ADL の各動作特有の知識を身につけることで根拠に基づく ADL アプローチを展開していくことが可能です。
そして、今回は「食事」に着目した研修会を行います。基礎知識から即時効果が高い治療技術までを学べる内容となっております。
他にはないこの貴重な機会を逃さず、ぜひご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
                                        謹白


                    記

日 時 :平成 29 年 3 月 26 日(日)
時 間 :10:00~16:00(昼休憩1時間)
場 所 :さかえビル6階会議室 A 室 (名古屋駅徒歩10分)
講 師 :作業療法士、国際統合リハビリテーション協会認定インストラクター
受講料 :一般価格 8,640 円(税込)
対 象 :作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
定 員 :40 名(先着になり次第閉め切らせて頂きます)
申込方法:当会ホームページ、E メール
※当協会は、2016 年 9 月に日本作業療法士協会よりポイント付与対象として認められました。

そのため日本作業療法士協会の「学会・研究会」に登録しております。
1 日参加で 1 ポイント取得可能となります。

テーマ:「ADL の根拠に基づくアプローチ~食事編~」
<講義・実技内容>
◯食事に必要な手・前腕の機能解剖的知識 ◯食事の動作分析 ◯箸自立のための訓練と自主練習◯手のアーチ・前腕・指の治療 ◯咀嚼と嚥下に対する治療 ◯その他、食事に関する知識

◯E-mail にて受付 iair.tokai@gmail.com まで
件名:3.26 食事研修会 参加希望
本文に、1:申込者氏名(ふりがな)・職種・経験年数、 2:メールアドレス以上を明記の上、上記メールアドレスへ送信をお願い致します。受講いただける状況でしたら、申込みフォーム URL を返信しますので、そちらから申込みをお願いします。満席の場合もメールにて連絡させていただきます。

~IAIR(国際統合リハビリテーション協会)のセミナーを初めて受講される皆様へ~
ペア申し込み特典:IAIR セミナー初受講の方同士のお申し込みをいただいた方々には、次回から使える一万円分のポイントをプレゼント!! この機会にどうぞご活用ください。
申し込み時のパソコンアドレス記入は、特にお間違えのない様、再確認をお願い致します。記入漏れやお間違えがありますと、ご案内が届かないことがございますので、お気をつけください。 ご不明な点などございましたら、下記メールアドレスまでお問い合わせください。

<事務局> 問い合わせはこちらにお願いいたします。
担当事務局 中根裕基
連絡先:iair.tokai@gmail.com

  • 国際統合リハビリテーション協会
  • 2017/01/30 (Mon) 12:15:24

【腰痛治療×結婚関係】 根拠に基づく腰痛の評価と治療法研修会 in高松&岡山 開催のご案内

【腰痛治療×結婚関係】根拠に基づく腰痛の評価と治療法研修会 in高松&岡山

国際統合リハビリテーション協会認定
複合的腰痛アプローチ ILPT腰痛治療セミナー    主宰 理学療法士 赤羽秀徳

 謹啓 節分の候、先生方におかれましては益々ご清祥のことと存じます。
社会生活の多様な変化やリハビリテーション対象者の高齢化により、生活様式に関わらず、「腰痛」が主な問題点になる場面は多くなっています。これだけ医療が進歩しても「腰痛」を訴える患者数は減少しておらず、その一つの原因として、椎間板の損傷などという局所の障害それ自体より、患者の心理的状態に対応する技術が劣っているために腰痛が惹起されている、という指摘もされています。
当協会では、2012年より全国8箇所で腰痛治療セミナーを開催し、約5年間で延べ771名の方に参加していただきました。セミナーの感想として、「心理的要素や人間関係などの社会的要因が大きく影響することを知り、もっと視野を広げて関わることが必要だと感じました」「心理面による影響や、もっと深いところまで問診をしないと見えてこないものがあると分かりました」「即効性に驚きました」「治療だけでなく、私生活の中でも生かしていきたいと思います」「腰痛の考え方が180 度変わりました」「腰痛治療の一連の流れを知れたので活用していきたいです」「患者さんにも、この違いを体験して欲しいと思いました」内容や講義のスピードなど、とても分かりやかったです」「予想以上の学びと気づきが得られました」などの嬉しい報告が寄せられました。
当協会としましても、より多くの先生方に患者様の為に結果を出す実感を持っていただけたらと考えております。何より、根拠に基づく研修会を通じて成長を実感し、皆様の臨床におけるお手伝いが出来ればと思っています。是非ご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
                                       謹白

                    記

場所:高松会場 平成29年4月8日(土) サンポートホール高松 51会議室
岡山会場 平成29年4月9日(日) 岡山オルガホール 4階会議室スタディールーム
時間:9:50〜16:50
講師:赤羽 秀徳(一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所 代表理事 理学療法士、博士(工学)、選択理論心理士、国際マッケンジー協会認定療法士、(一社)国際統合リハビリテーション協会理事・認定アドバンスインストラクター 認定 NPOリアリティーセラピー協会会員、日本選択理論心理学会会員)
受講料:通常申し込み 11,900 円+消費税 8%(合計 12,852 円)
    ※日本作業療法士協会 「生涯教育ポイント」付与対象 1日参加で1ポイント付与となります。

※紹介者割引制度:IAIRのセミナーに参加されたことのある方が、ご友人をご紹介いただいた 場合、紹介された方、紹介してくれた方双方に当協会セミナーで利用できるポイントを3000円分プレゼント致します。
対象:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
定員:30 名先着順(定員になり次第閉め切らせて頂きます。)
     申込方法:E メールからお申し込み。

テーマ:「腰痛治療に悩むセラピストの為の腰痛治療研修会」
<講義・実技内容>
1.腰痛総論
1)保存的治療の最新の動向
(①治療者としての心構え、②腰痛治療ガイドライン)
2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断
2.腰痛の保存的治療システムの紹介
3.実技:複合的腰痛アプローチ(ILPT)の腰痛治療への有効性
4.受講生を対象とした治療デモンストレーション

◯E-mail にて申込 :office@akahalabo.com まで
件名:「腰痛治療研修会(高松 or 岡山)参加希望」
本文に、1)所属施設 2)申込者氏名・職種・経験年数 3)携帯電話番号 4)メールアドレス 5)IAIR セミナー受講経験の有 or 無、を明記し、上記メールアドレスへ送信お願い致します

◆ペア申し込み特典の紹介◆
この紙面で、複数のお申し込みをいただいた方々には、ペア申し込み特典として、次回から当協会セミナーで利用できるポイント 3000 円分をご用意いたします。
◆アドレスは、①パソコンメールアドレスあるいは、②受信可能なスマホアドレスでお願いします。
(携帯メールアドレスや病院のメールアドレスは不可)
※記入漏れ、お間違え等ないよう、再確認をお願い致します。
※受講決定の可否・詳細につきましては、メールで通知致します。
※ご不明な点などございましたら、下記アドレスまでお問い合わせ下さい。

連絡先:office@akahalabo.com 担当:壷内
  • 国際統合リハビリテーション協会
  • 2017/01/30 (Mon) 11:55:08

第9回日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会 開催のお知らせ

 ★★京都開催★★ 《第9回日本静脈経腸栄養学会 近畿支部学術集会》

【開催日時】 2017年6月24日(土)
【開催場所】 京都テルサ
〒650-8530 京都市南区東九条下殿田町70番地 
         (新町通九条下ル 京都府民総合交流プラザ内)

【メインテーマ】「学び実践する、新しい臨床栄養学」
【大会長】 井川 理(京都第二赤十字病院 外科)
【参加費】 事前登録3000円、当日登録4000円
【ホームページ】http://jspen_kinki2017.umin.jp
【運営事務局】 〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル
        TEL:06-6375-9477 / FAX:06-6376-2362
        E-mail:jspen_kinki2017@intergroup.co.jp

日本静脈経腸栄養学会は、
わが国における栄養管理・栄養療法の研究と実践の発展を目的としております。

近畿支部学術集会は参加者数1000名に及ぶ全国でも最大規模の地方会であり、
栄養サポートチームで活躍されるコメディカルの先生方にも
例年多くのご参加を頂いております。


今年度は静脈経腸栄養学会 理事長 東口髙志 先生と、
(一社)臨床栄養実践協会 理事長 足立香代子 先生の特別講演を予定しております。

京都府下で摂食嚥下の分野に携わられる言語聴覚士の皆様に、
ぜひとも広くご参加頂けますと幸いでございます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 佐藤 靖子
  • URL
  • MAIL
  • 2017/01/12 (Thu) 10:54:10

第2回きょうと地域リハフォーラム

テーマ 「地域包括ケア時代と回復期リハビリテーション病棟の役割」

《日時》 平成29年2月18日(土曜)13時半~17時(受付開始13時~)
《場所》 京都府立医科大学附属図書館ホール
    (京都市上京区清和院口寺町東入中御霊町410)
《内容》
基調講演「地域包括ケア時代と回復期リハビリテーション病棟の役割
               ~1年後の同時改定を見据えて~」
三橋 尚志 先生(回復期リハビリテーション病棟協会常任理事/京都大原記念病院 副院長)
  
シンポジウム
テーマ 「地域包括ケア時代と回復期リハビリテーション病棟の役割」
回復期、生活期それぞれの立場から、現状等をご報告いただき、地域包括ケアシステムやまちづくりのために回復期リハビリテーション病棟が担う役割について話し合う場にしたいと思います。

(シンポジスト) 
冨田素子 先生(京都博愛会病院 リハビリテーション科 部長)   
中本隆幸 先生(京都きづ川病院 リハビリテーション室 室長)    
東小百合 先生
(丹後中央病院 リハビリテーション部 部長/丹後圏域地域リハ支援センターコーディネーター)
高謙一郎 先生(高生会リハビリテーションクリニック 院長)
野稲貞雄 先生(京都地域包括・在宅介護支援センター協議会理事/京都府介護老人保健施設協議会監事)

《対象》 回復期リハビリテーション病院および地域リハビリテーションに携わる方
《参加費》 無料
 申し込み締め切り:平成29年2月10日(金曜)
(事前申込制)※申込用紙に必要事項記載の上、FAXにてお申込みください。
         申込用紙はホームページよりダウンロードしてください。
  • 京都府リハビリテーション支援センター
  • URL
  • MAIL
  • 2017/01/06 (Fri) 17:32:38

春の講座 in 大阪

2017年春の講座 in 大阪
「自閉症スペクトラムのこどもと家族が穏やかに暮らすためのコミュニケーション支援」

【日時】2017年3月26日(日)10時〜16時
【場所】新梅田研修センター Mホール
【講師】飯塚直美(よこはま発達相談室/クリニック 言語聴覚士)
【内容】
 自閉症スペクトラムのお子さんと周りの人たちが穏やかに暮らすために、コミュニケーションの観点からどのような支援が役立つか、実際の評価・指導場面をビデオでご覧いただきながらお話しします。さまざまな発達段階のお子さん(知的障害のある成人例を含む)の事例をご紹介します。
【受講料】9千円(税込)
【申し込み】よこはま発達相談室ホームページ http://www.ydc-r.com の「セミナー・講座」→「一般公開講座」で詳細をご確認のうえ、ホームページ内の申込フォームよりお申し込みください。

【お問い合わせ】
 一般社団法人発達精神医学・心理学研究会 よこはま発達相談室
 Email: seminar@ypdc.net  Tel: 045-942-1160
  • よこはま発達相談室 飯塚直美
  • URL
  • MAIL
  • 2017/01/04 (Wed) 10:52:13

第17回脳外傷・高次脳機能障害リハビリテーション講習会


第17回脳外傷・高次脳機能障害リハビリテーション講習会
「高次脳機能障害(事故・脳卒中など)退院後の人間(ひと)を支える」

日時:2016年10月30日(日)
   13時15分~16時00分(受付開始は12時45分~)
場所:ハピネスふくちやま4階ホール(福知山市)
内容:1部 講演「高次脳機能障害とともに生きる」
     講師 医療法人エスポアール出雲クリニック理事長・院長 髙橋幸男先生
   2部医療・福祉・家族会によるリレートーク

参加費無料、事前申込不要、要約筆記有
問合先:福知山市 0773-24-7017
    京都府リハビリテーション支援センター 075-221-2611
  • 与那嶺 瞳
  • URL
  • MAIL
  • 2016/12/30 (Fri) 23:32:12

講演会のご案内

京都府私立病院協会
第14回リハビリテーション部会講演会 『回復期リハ病棟の現状と課題』 
 
 今回は回復期リハビリテーション病棟協会 前会長で現常任理事、医療法人社団輝生会初台リハビリテーション病院 理事長の石川 誠 氏を講師にお迎えし、『回復期リハ病棟の現状と課題』をテーマにご講演いただきます。

◇日 時/ 平成29年1月28日(土)14:00~15:30
◇場 所/ 登録会館2階大ホール(地下鉄 烏丸御池駅下車すぐ)
      京都市中京区烏丸通り御池上る二条殿町546-2
      (詳細については別紙地図をご参照下さい)
◇テーマ/ 『回復期リハ病棟の現状と課題』
◇講 師/ 石川 誠 氏(医療法人社団輝生会初台リハビリテーション病院 理事長)
◇定 員/ 180名(定員になり次第、締め切ります)
◇対象者/ 京都府内の病院に勤務のリハビリテーション従事者および関心のある職種
◇参加費/ 無 料
◇申込み/ 京都私立病院協会ホームページ(http://khosp.or.jp/)の研修会・講習会申込みシステムより
      1月19日(木)までにお申し込み下さい。

《問い合わせ》
 〒600-8411 京都市下京区烏丸通り四条下ル水銀屋町620番地 COCON烏丸8階
  TEL 075-354-8838  FAX 075-354-8802 〔事務局担当/臂谷(ひじたに)
  • がくさい病院 岸本紀和
  • URL
  • 2016/12/12 (Mon) 12:45:45

春のセミナー

不注意な子への理解と支援、吃音や場面緘黙、あそび、評価や療育など、現場でニーズの高い10テーマについて、実践経験豊富な講師陣がわかりやすくお伝えします。1セミナーからご受講いただけます。皆様のお申し込みをお待ちしています!!

2月11日(土)
A 不注意な子への理解と支援-「集中困難・忘れっぽさ」のメカニズム
B 吃音や場面緘黙のある子どもの育ちを支える-「話したいのに上手く話せない」子への対応
2月12日(日)
C 愛着障害と発達障害-園や学校での関わり方を学ぶ NEW
D あそびを通した発達支援-幼児期・学童前期を中心に 
2月18日(土)
E ワーキングメモリの特性に配慮した学習指導-発達障害のある子を中心に
F 不安や緊張が高い子への支援-発達障害のある子を中心に
2月19日(日)
G 応用行動分析から学ぶ療育の基礎-コミュニケーションと行動面の課題を中心に
H 発達障害・知的障害のある子を持つ、保護者への理解を深める
-メンタルヘルスについての知識も含めて NEW
2月26日(日)
I 発達障害のある子の評価と指導-WISC-Ⅳを中心に
J 基礎から学ぶことばとコミュニケーションの指導-文字学習を含めて

《時間》各日10:15~16:20
《定員》各80~250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナー(例:A,B)を複数申し込むことはできません。
     ・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。

お問い合わせ・お申し込み先
公益社団法人 発達協会 
〒115-0044 東京都北区赤羽南2-10-20
TEL 03-3903-3800  FAX 03-3903-3836 Eメール mail@hattatsu.or.jp
✵発達協会ホームページ http://www.hattatsu.or.jp
(最新情報は、随時ホームページにてお伝えしていきます!)
  • 公益社団法人 発達協会
  • URL
  • MAIL
  • 2016/11/29 (Tue) 10:13:07

摂食嚥下障害リハビリテーション:VF所見から得られる実践的アプローチ

藤井脳神経外科病院主催講演会
「摂食嚥下障害のリハビリテーション:VF所見から得られる実践的アプローチ」
日時:平成28年11月26日(土) 13:30~16:00(受付時間13:00~)
会場:医療法人社団 博洋会 藤井脳神経外科病院 2F 大研修室
参加費:無料
定員:100名
応募資格:言語聴覚士(理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、コメディカルスタッフを目指す学生の方も可能です)
講師:倉智雅子先生(新潟リハビリテーション大学副学長・教授)
講演内容:・嚥下機能の解剖と生理
     ・VF検査の意義と解析のポイントについて
     ・VF画像を用いた評価(実際の症例のVF画像を使用し、評価を行います)
     ・VF画像所見から得られる摂食嚥下障害の病態生理と訓練法の選択
     ・今後の摂食嚥下障害リハビリテーションの展望
お申込み:件名に「11月26日講演会申し込み」と記載して頂き、下記事項を記入して      e-mailにてお申込み下さい。
     ①氏名②所属③経験年数④職種⑤メールアドレス(携帯でも可。その場合は、     ドメイン指定によってreha@fujii-hospital.jpからのメールを受信可能にし     て下さい)。
     *受付完了後に折り返しメールをさせて頂きますので、1週間以内に連絡がない      場合は、再度下記のメールアドレスにご連絡お願い致します。
締切:100名の定員数に達し次第、締め切らせていただきます。
お問い合わせ:〒920ー0362 石川県金沢市古府1丁目150番地
       医療法人社団 博洋会 藤井脳神経外科病院
       リハビリテーション科 担当:伊藤 栞
       e-mail:reha@fujii-hospital.jp
  • 藤井脳神経外科病院リハビリテーション科
  • 2016/11/06 (Sun) 19:27:56