BBS Form

絵文字・動画
(投稿前に内容を確認)
  

秋のセミナー(「発達障害がある子とのコミュニケーションを確かにする支援技術」 他)

発達協会主催2017年度「秋のセミナー」開催のご案内
お申し込みお待ちしております!

10月21日(土) 
秋1 発達障害がある子とのコミュニケーションを確かにする支援技術-子どもへの理解を深める

1 発達障害がある子のコミュニケーション特性とは 井澤信三先生 (兵庫教育大学) 
2 コミュニケーション支援の実際 井澤信三先生 (兵庫教育大学) 
3 発達障害のある子の友人関係・人間関係 村上由美先生 (ボイスマネージ)
 
10月22日(日) 
秋3 指導に活かす発達の評価-WISC-Ⅳを中心に

1 WISC-Ⅳの結果の読み取り方 青山真二先生 (北海道教育大学)
2 検査結果から導き出す学習課題 青山真二先生 (北海道教育大学)
3 検査結果や観察評価から導き出すコミュニケーションや集団生活での配慮 
青山真二先生 (北海道教育大学)

11月12日(日)  
秋9 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応-感覚統合療法と動作法からのアプローチ

1 「感覚」の過敏と低反応-子どもの抱える困難さを理解する 
岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科) 
2 「感覚」への支援の実際-感覚統合療法からのアプローチ
岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科) 
3 緊張が高い子へのリラクセーション-動作法を中心に 清水良三先生 (明治学院大学) 

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15~16:20
《定員》約250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各9,050円(税込)(会員8,220円(税込))

  • 公益社団法人 発達協会
  • URL
  • 2017/09/08 (Fri) 11:10:47

間接法による吃音訓練研修会(基礎編)のお知らせ

間接法での吃音のとらえ方、理論を学びます。また、実際の臨床のすすめ方について、環境調整法とメンタルリハーサル法を解説します。これから間接法による吃音治療をやっていきたい臨床家のための基礎講座です。

【テーマ】間接法による吃音訓練法研修会 -自然で無意識な発話への遡及的アプローチ-
【日時】2017年9月30日(土)・10月1日(日)
【対象】言語聴覚士
【定員】25名(先着順)
【会場】麻生リハビリテーション大学校(福岡市博多区)
【参加費】10,000円(2日間)
【講師】都筑澄夫(RASS吃音研究会会長、都筑吃音相談室)
【申込方法】研究会ホームページ(http://rass.jp/)の申込フォームより申込
  • RASS吃音研究会事務局
  • URL
  • 2017/08/15 (Tue) 22:04:47

リッカムプログラム第6回臨床研修会のお知らせ

リッカムプログラムは、オーストラリアで開発された幼児吃音に対する直接的介入法です。
エビデンスに基づいた成果を出して、世界各地で臨床が行われています。日本でも2013年に第1回の臨床研修会を開催し、最近は、その症例報告がみられるようになってきました。親御さんから、「どこでリッカムプログラムができますか?」というお問い合わせも来るようになっています。これまで行われてきた発達性吃音に対する介入方法とは異なる部分も多く、リッカムプログラムを実施するためには、この3日間の臨床研修会を受講することが強く推奨されています。
言語聴覚士の皆さんに、楽しく学んでいただき、正しい理解の元、幼児期吃音に対する介入方法の選択肢を広げていただきたいと思います。

日 時:平成29年11月3、4、5日(金、土、日)
開催場所:大阪インターナショナルスクール 
      (〒562-0032 大阪府箕面市 小野原西4-4-16)
内 容:リッカムプログラムについて、研究成果から、実際の評価法、指導法を解説します。多くのビデオ資料と、参加者による実習を含めて、丁寧に進めます。日本語に翻訳された資料と、逐語通訳が付きます。
対象:言語聴覚士
参加費:440オーストラリアドル (日本円で約4万円弱  レートにより異なります)
参加人数:50名(最小催行人数:43名)人数に達し次第締め切ります。
*残念ながら、最小催行人数に達しない場合は、実施されない可能性もありますので、ご了承下さい。8月末日までの人数を持って、開催が決定します。その後、参加費支払いの詳細をご連絡させていただきます。

参加申し込み:lidcombejp.blogspot.com から行って下さい。
問い合わせ先:根津 mktq15gm@gmail.com または、原 bara@kitasato-u.ac.jp
主催団体:Lidcombe Program Trainers Consortium (リッカムプログラム研修者協議会)
実行委員:講師 Brenda Carey, Elaine Yandeau,
通訳 熊本エリザ、 近藤うたこ
世話人 原由紀、根津泰子

  • 弓削明子
  • 2017/08/09 (Wed) 15:49:40

第二回京滋緩和リハビリ研究会の案内

第2回 京滋がんの緩和リハビリテーション研究会

    時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。第2回の研究会としまして,緩和医療界で多数の講演をされておられます堀泰祐先生,また終末期作業療法を専門とされている南征吾先生のお二人を講師としてお招きして開催いたしますので,ご案内申し上げます。

日 時: 平成29年10月14日 (土) 14:00-16:30
会 場: 滋賀医科大学医学部附属病院 2F 第2会議室
参加費: 理学療法士,作業療法士,言語聴覚士は1000円
      その他の職種は500円

プログラム
【受付】  14:00-14:10

【講演】  14:15-15:15
 『緩和ケアにおけるリハビリテーションの役割』
              草津総合病院  緩和ケア科  医師   堀 泰祐 先生
【講演】  15:30-16:00
『終末期・緩和ケアにおける質的研究の実践』
            大和大学 保健医療学部  作業療法士    南 征吾 先生

【グループディスカッション】 16:00-16:25

【閉会】  16:30
                    
申し込み方法
  ご参加いただける方は,電話またはE-mailでご連絡をお願いします。件名に「京滋がんの緩和リハビリテーション研究会参加申込」,メッセージ欄に「氏名」「職種」「所属施設名」「メールアドレス」をご記入下さい。

申し込み期日
平成29年9月末日〆切

申し込み先・連絡先
国立大学法人 滋賀医科大学医学部附属病院 リハビリテーション部 原田 佳典
Tel:077-572-2670   E-mail:haradayo@belle.shiga-med.ac.jp
  • 京滋緩和リハビリ研究会
  • 2017/07/12 (Wed) 08:47:58

実践CI療法講習会

「実践CI療法講習会」

明日からCI療法を実施できるようになる基礎知識と実践方法を伝授!評価方法、CI療法の理論、運動学習など脳科学との関連、症例における実践例等について、わかりやすく説明します。
【日時】9月16日(土)10時00分~16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.org
  • 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
  • URL
  • MAIL
  • 2017/06/05 (Mon) 13:37:47

多職種でこだわる「口から食べる」ためのアプローチ

「多職種でこだわる「口から食べる」ためのアプローチ」
昨年開催した「摂食嚥下アプローチ」セミナーを、更に多角的な視点から掘り下げます。小山珠美先生には、食事介助方法についてご講演いただき、相互実習を通じて技術指導も受けられる内容となっております。
【講師】
小山 珠美先生(JA神奈川県厚生連伊勢原協同病院 看護師/NPO法人口から食べる幸せを守る会 理事長)
岸本 裕充先生(兵庫医科大学病院歯科口腔外科学講座 主任教授)
福岡 達之先生(広島国際大学総合リハビリテーション学部言語聴覚療法学専攻 准教授)
森脇 美早先生(みどりヶ丘病院リハビリテーション科 部長)
【日時】9月9日(土)10時00分~16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.org
  • 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
  • URL
  • MAIL
  • 2017/06/05 (Mon) 13:36:39

運動器リハビリテーションのための画像セミナー

「運動器リハビリテーションのための画像セミナー」

療法士・医師の臨床実践に明日から役立つ、運動器疾患のリハビリテーションに欠かせない画像の見方を、基本から学ぶセミナーです。X 線・CT・MRI画像の基本と、脊椎/ 脊髄・上肢・下肢の重要な疾患について、画像を中心に、リハビリテーションに重要なポイントを交えてわかりやすく解説します。急性期や回復期の病院、また地域で働く運動器リハビリテーション初心者におすすめです。
【日時】9月10日(日)10時00分~16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.org

  • 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
  • URL
  • MAIL
  • 2017/06/05 (Mon) 13:35:33

夏の実践セミナーのご案内

2017年度 実践セミナーのご案内[言語聴覚士の方におすすめ]

8月3日(木)4日(金)
H リハ職(ST・OT)のための発達障害セミナー ―家族支援も含めて
専門を深めるとともに、専門の垣根を越えて学ぶ2日間です。

子どもへの支援は、全体発達をふまえて考え、実践することが大切です。そのためには自身の専門領域を深めつつ、近接領域へも関心を広げておくことが望まれます。このセミナーでは、発達障害のある子と関わるリハ職が学んでおきたい知識を、6コマに凝縮しました。診断基準、コミュニケーション、感覚等に加え、子どもの支援と切り離すことのできない家族支援についても学びます。

①発達障害と医学-診断基準の症状をどう理解するか 
古荘 純一先生 (青山学院大学)
②自閉症スペクトラム障害の子へのコミュニケーション支援 
大岡治恵先生 (日本福祉大学中央福祉専門学校)
③構音指導の実際-機能性構音障害を中心に 
本間慎治先生 (発達協会 王子クリニック)
④感覚統合理論をふまえた子どもの理解と関わり方 
松本政悦先生 (横浜市港南地域療育センター)
⑤手指のコントロール力を育てる指導 
松本政悦先生 (横浜市港南地域療育センター)
⑥発達障害のある子を育てる家族への支援-専門職としての心構えも含めて 
中川信子先生 (子どもの発達支援を考えるSTの会)

8月9日(水)10日(木)
M ことばの育ちを支援する―評価法と多様な側面への理解と支援
経験や勘だけに頼らない、評価に基づいた指導方法を学びます。

子どもの発達の中で、関心の高い領域のひとつが「ことば」です。「ことば」には理解、表出、聴力等多様な側面があり、それぞれの発達や連関をふまえた上で、子どもと関わる必要があります。このセミナーでは、「ことば」の発達と障害、評価法とともに、諸側面への指導・支援法を学びます。保護者へのアドバイスにも役立つ、暮らしの中で「ことば」の力をはぐくむための働きかけを含め、経験豊富な講師陣の事例も聞ける、充実の内容です。

①ことばの発達とその障害 
大伴潔先生 (東京学芸大学)
②ことばの発達の評価-LCスケールを中心に 
大伴潔先生 (東京学芸大学)
③ことばの発達と聴覚-聴こえの問題への理解を深める 
廣田栄子先生 (筑波大学)
④話しことばの障害とは-構音障害と吃音を中心に 
原由紀先生 (北里大学)
⑤ことばの獲得に向けた発達支援 
立松英子先生 (東京福祉大学・大学院)
⑥暮らしの中でことばを育てる  
國島典子先生 (ことばの相談室ホワイトベル)

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナー(例:A,B)
      を申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。
お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15~16:20(1つのセミナーにつき2日間の日程で行います)
《定員》約150~300名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各14,040円(税込)(会員12,960円(税込))

  • 公益社団法人 発達協会
  • URL
  • MAIL
  • 2017/05/16 (Tue) 18:03:05

セミナーのご案内:腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~

腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年7月23日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪リバーサイドホテル 5階 B会議室
大阪府大阪市都島区中野町5丁目12-30

【テーマ】
様々な所見から腰痛症を推察する!
評価から導き出すことのできる腰痛症へのアプローチとは!?

【講義概要】
腰痛は、代表的な現代病の1つである。厚生労働省の報告では、40代から60代の約4割が腰痛に悩まされているとしている。また、近年では、若年者の腰痛も報告されるようになってきており、もはや腰痛は、どの年代でも発症しうる身近な疾患であるといえる。一方、腰痛の約80%以上が非特異的腰痛といわれ、心因的な要素も含め、病態を表出させることが困難な場合も少なくない。

しかし、私達理学療法士にとって治療展開に必要なことは、理学所見や画像所見、場合によっては局所注射による疼痛部位判断などを駆使し、どの組織が原因で疼痛を引き起こしているのかを判断することで病態を推察することである。
これらの評価を行うことで、その疼痛を引き起こす原因が、拘縮にあるのか、筋力低下なのか、協調バランスの問題なのかなどを最終的に判断し、的確な治療を行うことが重要である。

今回、運動器疾患が原因となる腰痛に対し、それぞれ考えうる病態と原因、それに対する評価方法を提示し、運動療法への展開方法について解説する。

【必要物品】実技あり:動きやすい服装(Tシャツ・ジャージ等の衣服)

【講師】
中宿 伸哉 先生
吉田整形外科病院 リハビリテーション科 科長・理学療法士

【対象】言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・柔道整復師・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1487134502-480751)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:31:32

セミナーのご案内:新卒セラピストのための生活期リハビリテーションの方法論と必要知識

【 新卒者向け 】新卒セラピストのための生活期リハビリテーションの方法論と必要知識~はじめて通所・老健・訪問に関わる人のために~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年7月9日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪私学会館 3階 302-303会議室
大阪府大阪市都島区網島町6-20

【テーマ】
ようこそ、素晴らしい生活期リハビリテーションの現場へ!
充実した臨床を送るために、伝えられることは全てお話します。

【ご注意】本セミナーは 新卒者(臨床1年目)の方を【対象】としております。

【講義概要】
私が介護保険の領域で仕事を始めたのは、臨床2年目のとき。
当時、色々な人からこう言われました。
「生活期のリハは難しいから、もう少し経験を積んでからやったほうがいいよ」と。

「簡単なリハは存在するのか?」
「経験が浅いと、生活期のリハは難しいのか?」が私の命題となりました。

それから20年近く臨床に携わってきましたが、
新卒のPT・OT・STを生活期の現場で教育する中で、
簡単・難しいの2元論ではなく「臨床の捉え方と見通しを持てるかどうか」が
リハの難易度を左右するという結論に達しました。

見通しを持つためには、
「生活モデルという考え方を自分のものにしていく過程」が大切となります。

この講義では、見通しを習得するまでの時間を効率よく短縮する方法、
そして、悩んでいることに苦しまないで欲しいということを伝えたいと思います。

講義を通じて、生活期の素晴らしさと、なおかつ
機能を評価することの意味に触れて頂ければ幸いです。

最後に、ようこそ、素晴らしい生活期リハビリテーションの現場へ!
充実した臨床を送るために、私に伝えられることは全てお話します。


【本セミナーに関するご案内】
本セミナーは、初めて臨床現場へ出る方向けの内容で構成されております。

【プログラム】
1 新卒でも生活期の現場で成長することができる
2 リハビリテーションと理学療法について
3 疾患別予後を考える意味
4 生活期でのリスク管理
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】張本 浩平 (理学療法士・株式会社gene 代表取締役)

【対象】新卒者(臨床1年目)の言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1488269624-470156)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:29:17