BBS Form

絵文字・動画
(投稿前に内容を確認)
  

セミナーのご案内:腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~

腰痛症の評価とそのアプローチ~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年7月23日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪リバーサイドホテル 5階 B会議室
大阪府大阪市都島区中野町5丁目12-30

【テーマ】
様々な所見から腰痛症を推察する!
評価から導き出すことのできる腰痛症へのアプローチとは!?

【講義概要】
腰痛は、代表的な現代病の1つである。厚生労働省の報告では、40代から60代の約4割が腰痛に悩まされているとしている。また、近年では、若年者の腰痛も報告されるようになってきており、もはや腰痛は、どの年代でも発症しうる身近な疾患であるといえる。一方、腰痛の約80%以上が非特異的腰痛といわれ、心因的な要素も含め、病態を表出させることが困難な場合も少なくない。

しかし、私達理学療法士にとって治療展開に必要なことは、理学所見や画像所見、場合によっては局所注射による疼痛部位判断などを駆使し、どの組織が原因で疼痛を引き起こしているのかを判断することで病態を推察することである。
これらの評価を行うことで、その疼痛を引き起こす原因が、拘縮にあるのか、筋力低下なのか、協調バランスの問題なのかなどを最終的に判断し、的確な治療を行うことが重要である。

今回、運動器疾患が原因となる腰痛に対し、それぞれ考えうる病態と原因、それに対する評価方法を提示し、運動療法への展開方法について解説する。

【必要物品】実技あり:動きやすい服装(Tシャツ・ジャージ等の衣服)

【講師】
中宿 伸哉 先生
吉田整形外科病院 リハビリテーション科 科長・理学療法士

【対象】言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・柔道整復師・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1487134502-480751)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:31:32

セミナーのご案内:新卒セラピストのための生活期リハビリテーションの方法論と必要知識

【 新卒者向け 】新卒セラピストのための生活期リハビリテーションの方法論と必要知識~はじめて通所・老健・訪問に関わる人のために~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年7月9日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪私学会館 3階 302-303会議室
大阪府大阪市都島区網島町6-20

【テーマ】
ようこそ、素晴らしい生活期リハビリテーションの現場へ!
充実した臨床を送るために、伝えられることは全てお話します。

【ご注意】本セミナーは 新卒者(臨床1年目)の方を【対象】としております。

【講義概要】
私が介護保険の領域で仕事を始めたのは、臨床2年目のとき。
当時、色々な人からこう言われました。
「生活期のリハは難しいから、もう少し経験を積んでからやったほうがいいよ」と。

「簡単なリハは存在するのか?」
「経験が浅いと、生活期のリハは難しいのか?」が私の命題となりました。

それから20年近く臨床に携わってきましたが、
新卒のPT・OT・STを生活期の現場で教育する中で、
簡単・難しいの2元論ではなく「臨床の捉え方と見通しを持てるかどうか」が
リハの難易度を左右するという結論に達しました。

見通しを持つためには、
「生活モデルという考え方を自分のものにしていく過程」が大切となります。

この講義では、見通しを習得するまでの時間を効率よく短縮する方法、
そして、悩んでいることに苦しまないで欲しいということを伝えたいと思います。

講義を通じて、生活期の素晴らしさと、なおかつ
機能を評価することの意味に触れて頂ければ幸いです。

最後に、ようこそ、素晴らしい生活期リハビリテーションの現場へ!
充実した臨床を送るために、私に伝えられることは全てお話します。


【本セミナーに関するご案内】
本セミナーは、初めて臨床現場へ出る方向けの内容で構成されております。

【プログラム】
1 新卒でも生活期の現場で成長することができる
2 リハビリテーションと理学療法について
3 疾患別予後を考える意味
4 生活期でのリスク管理
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】張本 浩平 (理学療法士・株式会社gene 代表取締役)

【対象】新卒者(臨床1年目)の言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1488269624-470156)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:29:17

セミナーのご案内:摂食嚥下障害とリハビリテーション栄養の考え方

摂食嚥下障害とリハビリテーション栄養の考え方~基礎知識から実践まで~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年7月2日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪トヨペットビル 8階 第6会議室
大阪府大阪市西区立売堀3丁目1番1号

【テーマ】
摂食嚥下障害の基本的な評価から訓練とリハ栄養の視点からフレイル、サルコペニア、栄養といった多職種での支援方法と近年の研究成果を1日で学ぶ!

【講義概要】
摂食嚥下リハビリテーションにおいて重要な類型は脳卒中モデルですが、超高齢化に伴い高齢者の摂食嚥下障害に関する注目が高まり高齢者モデルの研究が進みつつあります。高齢者の摂食嚥下障害の臨床ではリハ栄養の視点からフレイル・サルコペニア・栄養も含めた多面的対応が重要であると言われています。
嚥下リハ・リハ栄養の基本的知識から実践例までお伝えすることで摂食嚥下リハ携わる臨床家の明日からの臨床に役立つことができれば幸いです。

【プログラム】
◆前半 リハ栄養の基礎知識(折内)
    摂食嚥下障害の基礎知識(森)
    嚥下リハ実習(森)
◆後半 サルコペニアの摂食嚥下障害(森)
    リハ栄養実践報告(折内)
    症例検討 ミニワークショップ(森)
    ※プログラムは追加・変更になる場合があります。

【講師】
森 隆志 先生
総合南東北病院 口腔外科・言語聴覚士、NST専門療法士
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、認定言語聴覚士(摂食嚥下障害領域)

折内 英則 先生
総合南東北病院 リハビリテーション科・理学療法士、NST専門療法士

【対象】言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】50名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1490414110-366964)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:26:20

セミナーのご案内:言語聴覚士のための頚部周囲筋の触診とストレッチング

言語聴覚士のための頚部周囲筋の触診とストレッチング-嚥下障害の予防・改善を目指して-~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年6月18日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12階 1202
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51

【テーマ】
適切な筋にアプローチする!頚部周囲筋群への触診・ストレッチを
理解し、嚥下障害改善の第一歩を目指す!

【講義概要】
頭頚部の可動性や頚部周囲筋の筋緊張は、嚥下障害や呼吸困難感に強く関わる。
これらの筋の緊張を緩和し、良好な頭頚部の可動性を獲得することで
嚥下障害の予防・改善や呼吸困難感の軽減を期待することができる。
今回のセミナーは言語聴覚士に特化して、嚥下機能に関係する頭頚部の解剖の特徴とともに
頚部周囲筋を個別に取り上げ、各筋の触診およびストレッチングなどの実技を中心におこない
臨床での活用を目指します。

≪実技で予定する筋群≫
・僧帽筋
・頭半棘筋
・頭板状筋
・肩甲挙筋
・胸鎖乳突筋
・前斜角筋
・中斜角筋
・後斜角筋

【必要物品】
頚部が触診しやすく、動き易い服装(Tシャツ、タンクトップ、ジャージ等)

【講師】
鈴木 重行 先生
名古屋大学大学院医学系研究科 教授・理学療法士

【対象】言語聴覚士・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】50名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1485319078-937945)より

【申込期限】開催日前日まで


【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで) URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:24:04

セミナーのご案内:パーキンソン病における嚥下障害の理解とアプローチの考え方

パーキンソン病における嚥下障害の理解とアプローチの考え方~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年6月11日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
たかつガーデン 8階 東中
大阪府大阪市天王寺区東高津町7番11号

【テーマ】
・パーキンソン病患者の嚥下障害の理解に必要な基礎知識を深める。
・嚥下障害に対する評価、治療、ケアの実践力を身につける。

【講義概要】
嚥下障害についての教科書は豊富で、基礎的な知識は身に付けやすくなりました。臨床では基礎的な知識に、根拠となるエビデンスや経験を加えて、患者のニーズに対応していくことになります。しかし、基礎的な知識に比べると、根拠や経験を取得することは難しく「どう対応すれば?」「これで正しいのか?」と疑問に思うことがあります。
今回の講義では根拠と経験をレベルアップさせ、「実践力を上げる」ことを目的とします。
講義では、嚥下障害の基礎知識を再確認し、パーキンソン病の嚥下障害の特徴を理解していきます。そして評価法は、医療機関から在宅までさまざまな場面で行うことを想定したものを提案します。
さらに、嚥下機能だけでなく、栄養管理や服薬状況を総合的に評価することが重要であることも紹介します。治療では、嚥下訓練として筋力訓練から、最新の電気治療機器まで実演を交えた実践的な内容で行います。

最後に、安全でかつ食べてもらえる嚥下食の簡単調理法と、嚥下機能を生かすための姿勢調整の方法を紹介いたします。

【プログラム】
■午前
1. 飲み込む仕組みと加齢変化
2. パーキンソン病の嚥下障害の特徴
3. 嚥下障害を評価するために必要な知識について
4. 評価の効果と限界
■午後
1. 栄養管理が必要な理由
2. 嚥下訓練法の実演
3. 食べてもらえる簡単嚥下食の調理法の紹介
4. 嚥下機能を生かすための姿勢調整の考え方
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】
杉下 周平 先生
高砂市民病院 リハビリテーション科 主任・言語聴覚士

【対象】
言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
(http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1485850687-095518)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで) URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:21:16

セミナーのご案内:シーティング入門~大阪会場~

シーティング入門~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年 5月 14日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)10階 1006+1007
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51

【テーマ】
より良い活動の実現をサポート!!
参加者が感動した【講師】が教えるシーティングの考え方

【講義概要】
姿勢や動作が環境から受ける影響は大きく、不良姿勢や過剰努力を要する動作を
することで食・排泄・呼吸などに影響を及ぼし、変形や褥瘡などの二次障害を引き起こします。

シーティングやポジショニングなどの姿勢管理においてセラピストは、単に悪化させない姿勢を考えるのではなく、体の状態をより良くしていく効果のある姿勢を考えることが大切になります。

この研修では、二次障害の姿勢、動作を可能にするシーティングを考えるためのアセスメントから実際までを講義と評価・方法を実技を交えながら考えます。

【本セミナーについて】
グループワークを含みますので予めご了承の上、ご参加下さい。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装

【講師】
下元 佳子 先生
生き活きサポートセンターうぇるぱ高知 代表・理学療法士

【対象】
言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1487397401-490823)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:18:29

セミナーのご案内:訪問リハビリテーション入門~大阪会場~

訪問リハビリテーション入門~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年5月7日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】マイドームおおさか 8階 第1・第2会議室(大阪府大阪市中央区本町橋2番5号)

【テーマ】
病院と在宅、こんなにも違う!!
訪問リハにおける機能~参加までを考える

【講義概要】
なぜ、私たちは訪問リハビリテーションで悩むのでしょうか?
医療モデルを前提とした私たち専門職の教育の中で、訪問の現場では生活モデル中心の考え方の変換が求められそして、そのことのギャップに苦しんでいると思っております。

医療モデルでは、変化が乏しい人でも生活を変えることは無限に可能です。
寝たきりの方であったとしても。
その人の生活を変えるために、関連法規からマネジメントなどともに評価の考え方を
伝えたいと思います。

【プログラム】
 ・訪問リハビリにおける評価とその考え方
 ・訪問リハビリにおけるリスク管理とそのマネジメント
 ・訪問リハビリに関する諸制度
 ※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】張本 浩平(理学療法士・株式会社gene 代表取締役)

【対象】言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・その他

【参加費】12,500円(税込)

【定員】60名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1482823422-122002)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:15:34

セミナーのご案内:小児<訪問>リハビリテーション入門~大阪会場~

小児<訪問>リハビリテーション入門~大阪会場~

【主催】株式会社gene

【日時】2017年4月30日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

【場所】大阪府社会福祉会館 3階 301会議室(大阪府大阪市中央区谷町7丁目4番15号)

【テーマ】
訪問で小児を担当することはありますか?
訪問セラピストが小児を受け入れる心構えが出来るようになるために

【ねらい】小児領域の経験の少ない訪問セラピストが小児を受け入れる心構えが出来るようになる

【講義概要】
ノーマライゼーションの普及や周産期医療の発展に伴い、重度の障がい児が在宅で過ごす事が増えている。介護保険領域における在宅サービスの充実は、小児分野にも影響を与え、NICUから退院時に、訪問看護ならびに訪問リハが導入されるケースや、療育センター・総合病院でのリハ頻度の不足を地域病院や訪問リハで対応するケースも増えてきている。そのような流れの中、これまで介護保険中心で対応していた事業所に小児の依頼が来ても小児経験の不足から受け入れを悩むケースがあると聞いている。

その理由に、
1 小児分野の経験がない
2 小児は、将来の事が想像つかないので・・・
3 学校や関係機関との繋がりが全く見えない
4 発達と生活を繋げるのが難しそう という事をよく耳にする。

今回の講義では小児訪問リハビリテーション入門とし、在宅での小児リハ・支援の考え方、各関係機関との関わり方、ポジショニング(各姿勢の意味)、実際の支援の実例紹介を行い、訪問セラピストがすべき事、訪問だからできる事を伝え、小児分野の特徴と楽しさを感じて頂きたい。

【プログラム】
 ・小児領域のリハの現状や考え方
 ・訪問で関わる小児の主な疾患の概要
 ・ライフステージの変化に伴う支援方法の変化
 ・関係機関や家族との関わりと訪問セラピストの役割
 ・評価・計画立案に関して
 ・実例紹介
 ・発達に関して(各姿勢の意味を知る)
 ※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【講師】
安井 隆光 先生
合同会社Loving Look 代表 こども訪問看護ステーションじん おかざき・理学療法士

【対象】
言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・【その他】

【参加費】12,500円(税込)

【定員】50名

【申込方法】
株式会社geneホームページ
( https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1480491850-914414)より

【申込期限】開催日前日まで

【問い合せ先】
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

【その他】
1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が
発生いたします。
  • 株式会社gene
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:10:11

京都府糖尿病療養指導士認定講習会のご案内

〈2017年度京都府糖尿病療養指導士認定講習会開催のお知らせ〉

京都府内には5万人を超える糖尿病患者さんがいます。
京都府糖尿病療養指導士の資格を取って、糖尿病患者さんの療養のお手伝いをしてみませんか?

〈京都府糖尿病療養指導士とは?〉
糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、医師の指導の下で患者さんに療養指導を行うことのできる熟練した経験を有し、認定試験に合格した医療従事者に与えられる資格です。

認定講習会についての詳細は、当会HPでご確認ください。
http://lcde-kyoto.jp/approval.php

お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
京都府糖尿病療養指導士認定委員会事務局
cdekyoto@koto.kpu-m.ac.jp
  • 京都府糖尿病療養指導士認定委員会
  • URL
  • MAIL
  • 2017/04/17 (Mon) 10:01:16

第21 回運動器系体表解剖セミナー兵庫A コース開催のご案内

第21 回運動器系体表解剖セミナー兵庫A コース開催のご案内

体表解剖学研究会
会長 磯貝香


拝啓 余寒の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、今回兵庫県のハーベスト医療福祉専門学校を会場に、表記のセミナーを開催する運びとなりましたので、ご案内致します。我々セラピストにとって、骨・筋の構造や神経の走行を理解し、体表から適切に触察できる技術を習得することは、評価の信頼性や治療技術の向上につながるものと考えられます。机上で学ぶ解剖学ではなく、実際に体表へ骨・筋・神経を投影していくことで、より具体的な身体構造のイメージがしやすくなると思います。
つきましては、是非皆様方のご参加をお待ちしております。
敬具




【内容】骨・筋・神経を中心とした解剖学的特徴の講義・触察法のデモンストレーション・触察実習(頸部、胸部、肩甲帯、上腕部、前腕部、手部の評価と治療に必要な筋を対象)
【講師】講義担当講師・デモンストレーション担当講師・触察実習担当講師は当研究会HP をご参照ください。
*触察実習では、受講者4~8 人に1 人ずつの触察実習担当講師が指導させて頂きます。
【日程】平成29年6月10日(土)11日(日)、7月15日(土)16日(日)、8月26日(土)27日(日)
※上記3 週末、合計6 日間(32 時間)のコースとなっています。
詳細のプログラムに関しては、当研究会HP をご参照ください。
【時間】土曜日14:00~19:00(7/15 のみ14:00~18:00) 日曜日9:00~16:00
【会場】ハーベスト医療福祉専門学校(兵庫県姫路市南駅前町91−6)
【対象】PT・OT・ST・医師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師など
【定員】60 名(先着順) 【申込期間】平成29 年2 月1 日(水)12:00~
【受講料】42,000 円(全6 日間)
【テキスト】改訂第2 版骨格筋の形と触察法(編集:河上敬介・磯貝香大峰閣12,000 円+税)
※本セミナーは、上記のテキストを使用します。会場にて著者割価格(約15%OFF)で販売しますので、お持ちでない方はセミナー申込みフォームにご入力ください。
【申込み方法】当セミナーは、当研究会ホームページ(http://surface-anat.com/)の申込みフォームからの、「Web 申込み」のみとなっております。
①HP の申込みに関する内容、注意点を熟読した上、申込みフォームに記入し送信してください。
※携帯メールアドレス(添付ファイルが受け取れないもの)、FAX での受付は行えません。
②申込みフォーム送信後、自動返信メールが送信されます。
※自動返信メールが受信できない場合は、お手数ですがその旨を下記お問い合わせ先までメールでお伝えください。
③自動返信メールの内容を確認の上、その内容に従い受講料を指定の口座にお振込みください。
※振込みの際は、必ず申込者本人の個人名でお願いします。
④事務局にて受講料入金確認後、事務局より受講票ならびに諸注意を送信致します。
以上で受講手続き完了となります。
【研究会ホームページアドレス】http://surface-anat.com/
【事務局・問い合わせ先】体表解剖学研究会担当:岡部孝生(土佐リハビリテーションカレッジ理学療法学科内)
E-mail : okataka0317@gmail.com
※問い合わせの際は、件名を「第21 回運動器系体表解剖セミナー兵庫A コース問い合わせ」とご記入ください。
以上
  • 体表解剖学研究会 
  • URL
  • MAIL
  • 2017/02/23 (Thu) 09:31:16