BBS Form

絵文字・動画
(投稿前に内容を確認)
  

「失語症者のためのボイストレーニング」連絡先

ポコアポコ特別企画
沼尾ひろ子さんによる失語症者のためのボイストレーニング

◆申込  メールにてご連絡くださいメールにてご連絡ください
  • ポコアポコサロン事務局 担当:梶
  • MAIL
  • 2018/09/21 (Fri) 08:16:38  New!

「失語症者のためのボイストレーニング」のお知らせ

ポコアポコ特別企画
沼尾ひろ子さんによる失語症者のためのボイストレーニング

*〜**〜*〜**〜*〜**〜*〜**〜**〜*〜**〜*〜**〜
◆日程 2018年9月30日(日)
◆場所 大阪医療福祉専門学校 7階 702教室
    〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-2-14
◆時間 14時〜16時 (受付開始 13時30分~)
◆参加対象者 失語症当事者・ご家族・サポーター・医療従事者・学生
◆参加費 3500円 (学生 1500円)
◆詳細情報 

 〔講師〕 沼尾ひろ子さん 株式会社AXISDO代表取締役
              フリーアナウンサー、TVナレーター
              脳梗塞患者と家族のための自立支援の会代表理事

     2006年 突然 脳梗塞による失語症になるも、懸命のリハビリの末、職場復帰  
     現在、TVナレーターやアナウンサーをされながら、
     失語症の方の言語ボイストレーニング、
     医療従事者に向けて「育てるコミュニケーション」教育をされています
◆申込  メールにてご連絡ください
  • ポコアポコサロン事務局 担当:梶
  • MAIL
  • 2018/09/21 (Fri) 08:10:34  New!

平成30年度高次脳機能障害医療関係者等研修会

平成30年度京都府高次脳機能障害医療関係者等研修会

●日時:平成30年9月22日(土曜日)
    13時30分~16時30分(受付開始13時~)
●場所:京都府立医科大学附属図書館ホール
    〒602-0857 京都市上京区清和院口寺町410
●講演:「WMS-R概論~どのように高次脳機能障害を見立てるのか~(仮)」
    花園大学 社会福祉学部 臨床心理学科 教授 小海 宏之 先生
講演:「WMS-Rから見立てる高次脳機能障害~実際の事例を元に~」
    京都府心身障害者福祉センター附属リハビリテーション病院 村友 仁志 先生
●対象:高次脳機能障害者の支援に関わる医療機関従事者、福祉施設関係者、学校関係者
●参加費:無料
●申込方法:①京都府リハビリテーション支援センターホームページより申し込み用紙を
      ダウンロードし、FAXでのお申し込みください。
      ②以下の必要事項を記載の上、メールにてお申し込みください。
       (e-mail:rehabili@pref.kyoto.lg.jp)
       所属名・所属部課名・職種・氏名(ふりがな)
       

  • 京都府リハビリテーション支援センター
  • URL
  • MAIL
  • 2018/09/06 (Thu) 13:22:45

運転リハフォーラムin京都 開催のご案内

事務局様のご了解を得て、投稿させて頂きました。

運転リハの在り方を考える勉強会です。運転リハに取り組んでいる方も、これから、という方でもご参加頂けます。

~★開催概要★~
◆日程 2018年10月14日(日)
◆場所 京都府中小企業会館
◆時間 10:00~15:30
◆参加対象者 医療従事者、自動車教習指導員、行政機関職員
◆参加費 4500円
◆お申込&詳細情報 ホームページよりご確認ください。
https://www.hcd-japan.com/therapiet2.html

~★テーマ★~
①障碍者の自動車運転とは?
②道路交通法から考える脳卒中後遺症の免許手続きと安全運転
③てんかん発作による暴走事故裁判から考える医療の役割の責任
④ドライビングレッスン事業から見える高次脳機能障害者の運転行動と安全運転に必要な要素。
⑤運転補助装置の選択と使い方、車種の選択。
  • 日本身障運転者支援機構 佐藤正樹
  • URL
  • MAIL
  • 2018/08/06 (Mon) 07:06:09

臨床が変わる!摂食・嚥下セミナー@大阪

新しい嚥下アプローチの考え方・手技で臨床の幅が広がります!

■従来の嚥下評価やアプローチをしてるけど、実際は何が変わったか分からない。
■手技が苦手。出来るのか自信が無い。
(手先や身体の使い方が分からない)
■手技を習ったが、どうやって臨床に応用させれば良いか分からない。
■PT/OTが介入してから、嚥下機能が良くなった。けど、理由が分からない。
■臨床のパターンが決まっていて、もう少しアプローチの幅を広げたい。
などなど……
日々の臨床で色々な悩みや疑問を抱えていませんか?

嚥下機能は、決して頸部だけで成り立っているものではありません。
このセミナーでは、全身があっての嚥下機能ということをお伝えし、従来の嚥下アプローチとは視点を変えて臨床のスキルアップを目指します。

«セミナー内容»
■全身からみる嚥下機能について。
■嚥下アプローチを効率的に行うための評価・訓練の進め方。
■PT・OTとの連携のとり方について。
■症例(動画での説明)
■【触診・手技】身体の使い方について。etc

言語聴覚士が苦手とする手技や身体の使い方をしっかりとレクチャーし、どのように臨床で使えば良いのかを現役の言語聴覚士が、言語聴覚士の目線で皆さんにお伝えします!

※こちらの案内は大阪開催のセミナーです。
※フォローアップコースはございません。

【講師】
three‐S代表
体質改善&美容整体サロンaron’s代表
言語聴覚士
吉田直行

【日時】
2018年9月22日(土)10:00~16:30
※受付開始は9:30~

【場所】貸し会議室レン太本町A
〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町3-4-11丸寿ビル9階北側
https://www.spacee.jp/listings/5856

【対象】どなたでも参加可能

【参加費】12000円(ペアでのお申し込みは1000円オフ)

【お申込み方法】
three.s.st.3@gmail.com
上記アドレスに【氏名】【職種】【経験年数】【連絡先:メールアドレス】【摂食・嚥下セミナー@大阪参加希望】と明記のうえ、ご連絡下さい。なお、ペア割引希望の方は【ペア割引】と一緒に参加される方の【氏名】を明記下さい。
  • 吉田 直行
  • URL
  • MAIL
  • 2018/07/25 (Wed) 06:54:46

言語聴覚士が教える!呼吸・発声セミナー

食べること・話すこと…
どちらも基盤にあるのは『呼吸』です。
言語聴覚士だからこそ、呼吸へのアプローチは必要不可欠です!

日々の臨床の中で、こんな患者さんいますよね?
■呼吸機能が低下している
■声量が低下している
■声質が変わってしまった
■咳嗽力が弱い

すべてSTとして、見過ごせない症状ですが、これらの症状は全て呼吸が関連しています。

基礎工事がしっかり出来ていない建物は脆いものだと思いませんか?

人の身体も一緒で、しっかりと呼吸できる身体を作らなければ、その後に続く、発声や嚥下にいくらアプローチしても効率的ではありません。

・その方の身体の状態を評価せずに、ただ発声練習だけしていませんか?
・嗄声を改善したいのに上手くいかない…とアプローチに悩んでいませんか?
・声が出にくい患者さんに音読練習のみで終わっていませんか?

このセミナーでは、言語聴覚士だからこそ、呼吸へのアプローチが重要であること、またどのようにアプローチするかをお伝えします。

«セミナー内容»
■呼吸・発声に必要な筋・骨格の解剖
■呼吸機能の評価から訓練への繋げ方
■STが行う呼吸・発声アプローチ
■【触診・手技】身体の使い方について
■症例(動画での説明) etc

言語聴覚士が言語聴覚士の臨床に必要な呼吸・発声の知識をお伝えします。

※こちらの案内は大阪開催のセミナーです。
※フォローアップコースはございません。

【講師】three‐S代表
体質改善&美容整体サロンaron's代表
言語聴覚士
吉田直行

【日時】
2018年9月22日(土)10:00~16:30
※受付開始は9:30~

【場所】貸し会議室レン太本町A
〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町3-4-11丸寿ビル9階北側
https://www.spacee.jp/listings/5856

【対象】どなたでも参加可能

【参加費】12000円(ペアでのお申し込みは1000円オフ)

【お申込み方法】
three.s.st.3@gmail.com
上記アドレスに【氏名】【職種】【経験年数】【連絡先:メールアドレス】【呼吸・発声セミナー@大阪参加希望】と明記のうえ、ご連絡下さい。なお、ペア割引希望の方は【ペア割引】と一緒に参加される方の【氏名】を明記下さい。
  • 吉田 直行
  • URL
  • MAIL
  • 2018/07/25 (Wed) 06:35:33

第 22 回運動器系体表解剖セミナー兵庫 A コース開催のご案内

拝啓 暑さ厳しき折、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、今回、兵庫県のハーベスト医療福祉専門学校を会場に、表記のセミナーを開催する運びとなりましたので、  ご案内致します。我々セラピストにとって、骨・筋の構造や神経の走行を理解し、体表から適切に触察できる技術を   習得することは、評価の信頼性や治療技術の向上につながるものと考えられます。机上で学ぶ解剖学ではなく、実際に体表へ骨・筋・神経を投影することで、より具体的な身体構造のイメージがしやすくなると思います。つきましては、是非、皆様方のご参加をお待ちしております。
                                       敬具
                   記

【内 容】 骨・筋・神経を中心とした解剖学的特徴の講義・触察法のデモンストレーション・触察実習
※ Aコース:頸部、胸部、上肢の評価と治療に必要な筋を対象

【講 師】 講義担当講師・デモンストレーション担当講師・触察実習担当講師は、当研究会HP をご参照ください。
※ 触察実習では、受講者 4~8 人に 1 人ずつの触察実習担当講師が指導させて頂きます。

【日 時】 平成 30年 11月 3日(土)-4日(日)、12月 8日(土)-9日(日)、平成 31年 1月 26日(土)-27日(日)
※ 土曜日 14:00~19:00(12月8日のみ 14:00~18:00)、日曜日 9:00~16:00
※ 計6日間(32時間)のコースとなります。詳細なプログラムは、当研究会HP をご参照ください。

【会 場】 ハーベスト医療福祉専門学校(兵庫県姫路市南駅前町 91−6)

【対 象】 PT・OT・ST・医師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師 など

【定 員】 60 名(先着順)        【申込期間】 平成 30年 7月 1日(日) 12:00~

【受講料】 43,000円(計 6日間)

【テキスト】 改訂第2版 骨格筋の形と触察法(編集:河上敬介・磯貝香 大峰閣 12,000 円+税)
※ 本セミナーは、上記のテキストを使用します。会場にて著者割価格(約 15%OFF)で販売しますので、
  購入を希望される方はセミナー申込みフォームにご入力ください。

【申込み方法】 当研究会HP(http://surface-anat.com/)の申込みフォームからお申込みください(Web 申込のみ)。
① HP の申込みに関する内容、注意点を熟読した上、申込みフォームに記入し送信してください。
※ 携帯メールアドレス(添付ファイルが受け取れないもの)、FAX での受付は行えません。
② 申込みフォーム送信後、自動返信メールが送信されます。
※ 自動返信メールが受信できない場合は、お手数ですがその旨を下記問い合わせ先までメールでお伝えください。
③ 自動返信メールの内容を確認の上、その内容に従い受講料を指定の口座にお振込みください。
※ 振込みの際は、必ず申込者本人の個人名でお願いします。
④ 事務局にて受講料入金確認後、事務局より受講票ならびに諸注意を送信いたします。

【研究会HPアドレス】http://surface-anat.com/

【事務局・問い合わせ先】体表解剖学研究会 担当:岡部孝生(土佐リハビリテーションカレッジ 理学療法学科内)E-mail : okataka0317★gmail.com(★を@に入れ替えて送信ください)
※ 問い合わせの際は、件名を「第 22回運動器系体表解剖セミナー兵庫 Aコース 問い合わせ」とご記入ください。

                                       以上
  • 体表解剖学研究会
  • URL
  • MAIL
  • 2018/07/23 (Mon) 07:03:54

「実践CI療法講習会」開催のおしらせ

明日からCI療法を実施できるようになる基礎知識と実践方法を伝授!評価方法、CI療法の理論、運動学習など脳科学との関連、症例における実践例等について、わかりやすく説明します。
【日時】2018年10月7日(日)10時00分~16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181007.html
  • 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
  • URL
  • MAIL
  • 2018/06/13 (Wed) 14:22:03

「脳卒中予後予測セミナー」開催

脳卒中患者さんのリハビリテーション、さあ、何から始めましょう?
まずは予後予測から始めましょう。本セミナーでは、従来の予後予測法や脳画像解析の最新知見、誰でもできるFIMを使った簡単な予後予測法、患者さんの回復過程について、明日から使える幅広い知識をお伝えします。
【日時】2018年10月14日(日)10時00分~16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181014.html
  • 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
  • URL
  • MAIL
  • 2018/06/13 (Wed) 14:21:01

「リハビリテーションのための嚥下障害と栄養」セミナー開催

多職種の視点で学ぶ!嚥下障害、栄養管理の基礎と回復期リハにおけるNSTの最前線。
リハビリテーション医療において嚥下障害は全身状態に影響する大きな問題です。このセミナーでは多職種の視点で嚥下障害と栄養管理の基礎を学ぶと共に、今年度の診療報酬改訂で新たに重点の置かれた回復期リハビリテーションにおけるNSTに関して、先進的な取り組みを学びます。
【日時】2018年9月22日(土)10時00分~16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20180922.html

  • 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
  • URL
  • MAIL
  • 2018/06/13 (Wed) 14:19:36