BBS Form

絵文字・動画
(投稿前に内容を確認)
  

第1回 S Tのための音響学 はじめの一歩

第1回 S Tのための音響学 はじめの一歩

養成校でたぶん習った音響分析、臨床で使ってみたい!と思ってもどうしていいか分からない!という人は多いはず。高価な機材は使わず、まずは、ストップウォッチの代わりに、耳で聞こえなかった音を確認するために音響分析ソフトを使ってみませんか。みんなで毎日使ってみると、いろいろな発見があるかもしれません。(誰も使わないと、何も見つかりません)さあ、みんなで気軽に始めてみましょう!

日時:2021年3月20日(土・祝) 
第1部10:00-12:00 第2部13:00-16:00
Zoom開催  
担当:竹内京子(順天堂大学・日本福祉教育専門学校)
参加費:無料
言語聴覚士に関心のある方も参加可能です

10:00-12:00
WaveSurferという音響分析ソフトの使い方・分節ラベリングのための分析用テンプレート作り
波形から周波数・母音の基本周波数を調べる
サウンドスペクトログラムからフォルマント周波数を測定
ピッチ曲線と基本周波数、声帯振動数の関係を知る

13:00-16:00
音声学の復習(母音・破裂音・摩擦音・鼻音・流音などの区別)をしながら、それぞれ音の分節ラベリングの練習
分節ラベリング(短い文、ちょっと長い文)

本講習会は、言語聴覚士養成課程における「音響学教育」の現状調査と授業ガイドライン,教材作成(科研費番号20K03074)の成果です。日本音声学会後援

申し込みは以下のフォームからお願いします。
https://forms.gle/mnYjxEBVJ7uQRTqV7

お問い合わせ
竹内京子 kyotake2018@gmail.com
  • 竹内京子
  • MAIL
  • 2021/03/01 (Mon) 17:22:48

「摂食嚥下訓練における姿勢調整-何を求めどう調整するか-」

この度、当会では第4回技術セミナーとして、「摂食嚥下訓練における姿勢調整-何を求めどう調整するか-」を開催させていただくこととなりました。摂食嚥下リハビリテーションでは、どのようなアプローチであっても姿勢調整が不可欠です。対象となる疾患や症状が多様化する中、その考え方やコツをつかめず試行錯誤する方も多いのではないかと思っております。講師の柴本勇先生には、豊富な臨床経験をもとに実演を交えながらご講演いただく予定です。是非ご参加頂けますと幸いです。

テーマ「摂食嚥下訓練における姿勢調整-何を求めどう調整するか-」
講師  柴本 勇先生(聖隷クリストファー大学)
日時 2021年3月21日(日) 13時~15時30分
Zoomによるオンライン方式
対象 言語聴覚士 ほか
参加費 1,000円
申し込み方法 下記の申し込みフォームからお申込みください。https://forms.gle/wXDMadz3rqMFC8aA8
締切 3月15日(月)

尚、この件についてご質問等ございましたら、お手数ではございますが、研究会のお問い合わせフォームまでご連絡ください。
  • 言語聴覚療法臨床研究会
  • URL
  • MAIL
  • 2021/02/22 (Mon) 10:07:59

第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知

『第 18 回日本訪問リハビリテーション協会学術大会 in 高知 2021』
主催:日本訪問リハビリテーション協会
日時:2021 年 5 月 22 日(土)~23 日(日)
場所:高知市文化プラザかるぽーと
高知市立中央公民館 高知市九反田 2 番 1 号
テーマ:訪問リハビリテーションの温故知新~訪問リハの未来を創造する~
  • 実行委員会 広報局 武市啓志
  • URL
  • MAIL
  • 2021/02/09 (Tue) 17:07:05

オンラインセミナー「認知行動療法の入り口-最初歩の理解と実践-」

オンラインセミナー「認知行動療法の入り口-最初歩の理解と実践-」

■概要
近年、認知行動療法(以下、CBT)という心理療法が注目され、名前を耳にする機会が増えてきています。
皆さんの中には、CBTに興味を持っているけど、難しそうに感じて敬遠している、CBTの書籍をまだ1冊も読んだことがない、CBTの書籍を買って読もうとしたけど途中で挫折した、本を読んでみたものの、まったく理解できなかったという方も少なくないのではないでしょうか。私もかつてはそのうちの一人であり、現在でも、日々進化し続けているCBTの研究と実践を続けております。
本セミナーでは、CBTの入り口、最初歩の部分について紹介し、日々の臨床に少しでもお役に立てていただければという趣旨でお話させていただきます。CBTの基本について、講義形式を中心として、私自身の臨床実践を取り入れた演習形式によっても進めていく予定です。
セミナーでは、まだCBTについて知識も経験もほとんどない方を対象にしています。具体的には、CBTをこれから学びたい方、CBT以外の心理療法を専門にしている方、臨床心理学以外の対人援助職の方、大学院を修了したばかりの方、心理専門職を目指す大学院生を主な対象と考えています。

■講師
森田麻登 先生(神奈川大学人間科学部、臨床心理士、公認心理師)

■日時
2021年5月30日(日)10:00~16:30(休憩12:30~14:00)

■オンライン開催
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。
参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。
また、セミナーでは演習もありますので、原則的にカメラやマイクはONにできる環境をご用意ください。
https://zoom.us/download

■参加費
8,000円 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格
臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、教師、保育士、キャリアコンサルタントなどの資格をもつ対人援助の専門家。もしくは、その学習途中の院生・学生など。

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のためのポイントを申請する予定です。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は https://s-office-k.com/professional/seminar/contact の申し込みフォームから送信してください。
もしくは、以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「CBTセミナー参加希望」と明記して、info@s-office-k.comまでメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前
・なまえのふりがな
・所属
・メールアドレス
・所持資格

■申し込み期日
2021年5月27日(木)まで。

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com

■詳細
https://s-office-k.com/news/archives/2635
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2021/02/04 (Thu) 17:16:47

オンラインセミナー 「神経筋電気刺激(NMES)を用いた嚥下治療の最前線」

「神経筋電気刺激(NMES)を用いた嚥下治療の最前線
~嚥下障害におけるNMES(神経筋電気刺激)の知見と臨床現場でのNMESの実際について~

■日時
2021年2月13日(土)13:30~15:00(開始10分前より入室可能となります。)

■開催形式
ZOOMウェビナー形式(お申込み後、登録メールアドレスへ参加用リンクが送信されます。)

■参加費
無料

■講師
・藤島 一郎先生
(浜松市リハビリテーション病院 病院長)

・岡本 圭史先生
(浜松市リハビリテーション病院 言語療法室 言語聴覚士)

・Professor.Pere Clave,MD,PhD*
(ヨーロッパ嚥下障害学会(ESSD)創設者/バルセロナ自治大学 外科 准教授/マタロ病院)

・Mr.Omar Ortega,MSc,PhD*
(マレスメ病院 消化器内科/マタロ病院)

・Mr.Stephen Chung*
(理学療法士(Hong Kong)/パーソナルトレーナー/DJOアジア リージョナル・トレーナー)


*は字幕付収録動画での配信となります。

■講演内容
・藤島 一郎先生
「嚥下障害におけるNMES」

・Professor.Pere Clave/Mr.Omar Ortega
「Pere Claveによる嚥下障害の概要」
「脳卒中後の慢性口腔咽頭嚥下障害に対する経皮的電気刺激の臨床的・生物学的効果:
 無作為対照化試験の1年後の結果」

・Mr.Stephen Chung
「表面筋電図(sEMG)の嚥下障害への臨床的応用」

・岡本 圭史先生
「臨床でのNMESの実際~電極貼付やsEMGを用いたフィードバック訓練について~」

■申し込み
お申込みは、下記URLよりお願い致します。
https://www.irc-web.co.jp/seminar/20210213
返信メールが届かない場合は、お手数ではございますが開催前日までに
メールまたはお電話にてお問合せ下さい。
・メール:seminar.info@irc-web.co.jp
・電話:03-5974-0231(平日9:30~17:30)

■主催
インターリハ株式会社(https://www.irc-web.co.jp

■詳細
https://www.irc-web.co.jp/
  • 山口直人
  • URL
  • MAIL
  • 2021/02/01 (Mon) 16:01:47

オンラインセミナー「私説 統合的心理療法の実践的基礎」

オンラインセミナー「私説 統合的心理療法の実践的基礎」

■概要
私が大学院に入って、「この先生方から臨床を学んでいきたい」という先生方が、たまたま統合派の方でした。ですので心理療法の学びの最初から、「臨床はクライエントさんにできる範囲で合わせていく、そのためにどこをみるのか(アセスメント)、何をしていくのか(介入)」という文化の中で育ってきました。

今回のセミナーでは私が統合派の先達から教わってきたものをベースにして、その中で培ってきた自分なりの現時点での統合的心理療法の実践に関して、大事だと思うことをお伝えしたいと思います。なお、抽象度の高い話やエビデンス云々の話題にはあまり触れないと思います。タイトルにあるように、あくまで統合的心理療法の「実践」に関する話が中心となります。

「そもそも心理療法の技法とは何か」「感情・行動・認知に同時に働きかける」といったテーマなど、統合的心理療法の実践に関する様々な側面に触れたいと思います。

ご関心のある方は是非ご参加ください。

■講師
西野入篤 先生(浦和南カウンセリングオフィス、臨床心理士、公認心理師)

■日時
2021年4月25日(日)13:00~16:30

■オンライン開催
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。
https://zoom.us/download

■参加費
4,000円 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格
臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、教師、保育士、キャリアコンサルタントなどの資格をもつ対人援助の専門家。もしくは、その学習途中の院生・学生など。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「統合的心理療法セミナー参加希望」と明記して、info@s-office-k.comまでメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前
・なまえのふりがな
・所属
・メールアドレス
・所持資格

■申し込み期日
2021年4月22日(木)まで。

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com/

■詳細
https://s-office-k.com/news/archives/2633

  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2021/01/09 (Sat) 18:39:00

オンラインセミナー「心理職のための投資と節約術」

オンラインセミナー「心理職のための投資と節約術」

■概要
お金の話はタブー。そういう雰囲気、心理職の間でありませんか?仮にお金の話をしたとしても、十中八九「稼げない」の結論で終わってしまいます。心理職をしていて悲しくなる瞬間の一つですよね。しかし、お金には「稼ぐ」以外に、「増やす」「貯める」という側面もあるはずなのです。

今回のセミナーでは、心理職であり、かつFP2級の資格ホルダーでもある講師と一緒に、「増やす(=投資)」「貯める(=節約)」という側面を、「行動経済学」という光を当てながら、真面目にそして理論的に学んでいけるものとなっています。

行動経済学は実は心理職の皆様だからこそ馴染みやすい学問です。行動経済学を今まで学んだことがない方も気軽にご参加頂けます。

新しい発見がきっとあるはず。心理職だからこそ出来るお金の話、そろそろ始めていきませんか?

■講師
小山拓哉 先生

資格:ファイナンシャルプランナー2級、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、産業カウンセラー

学歴:立教大学大学院 臨床心理学専攻前期課程修了

経歴:電話相談員、EAP、デイケア、開業などの領域で経験を積み、現在メンタルクリニック勤務。大学院ではコミュニティ心理学とアドラー心理学を中心に学び、それが今の臨床のベースになっている。心理職が抱える経済的な悩みを解決したいと考え、ファイナンシャルプランナー2級を取得。年間100冊越えの読書を10年以上続ける本の虫。

■日時
2021年4月4日(日)13時00分~16時30分

■オンライン開催
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

■参加費
4,500円 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格
臨床心理士、公認心理師、心理職、言語聴覚士、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士、教師、保育士、対人援助職、大学院生など。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「投資節約セミナー参加希望」と明記して、info@s-office-k.comまでメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前
・なまえのふりがな
・所属
・メールアドレス
・所持資格

■申し込み期日
2021年4月1日(木)まで。

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com/

■詳細
https://s-office-k.com/news/archives/2039
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2021/01/09 (Sat) 18:36:23

オンラインセミナー「アドラー心理学の理論と臨床」

オンラインセミナー「アドラー心理学の理論と臨床」

■概要
 アルフレッド・アドラーはジークムント・フロイトやカール・グスタフ・ユングとともに臨床心理学史上草分けの人物として名前の挙がる人物ですが、その心理学について必ずしも知られているとはいえないのも事実です。
 臨床心理学を紹介する書籍などではアドラーについて「オーストリアの精神科医でフロイトの弟子であったが学説の違いから後に対立した。性的エネルギー説を否定し、人間の根源的な動機は権力への意思を追求することにあると考えた」という程度のことが書いてあると思います。これだけ読んで何のことだかわかる人もいないでしょう。著者もアドラー心理学について知らずに書いているのです。
 アドラー心理学はアルフレッド・アドラーによって創始された心理学ですが、最近までこの程度にしか認識されていませんでした。近年ベストセラーになった一般書のおかげで素人学習者の人口は増えましたが専門家の関心は低いままです
 エレンベルガーはアドラー心理学を開けっ放しの宝箱に例え、多くの心理学者がアドラー心理学から多くのものを持って行ったという主旨のことを著書に記し、その革新性を評価しています。アドラー心理学は開発されてから今に至るまで基本的なアイディアが殆ど大きな変更もなく用いられており、その理論の上で個人や夫婦、家族という単位でのカウンセリング、サイコセラピーを行うことができます。
 今回のセミナーではルドルフ・ドライカースが整理したアドラー心理学について基礎理論とその臨床への適用についてご紹介させていただきます。

■プログラム(予定)
・理論編
1.アドラー心理学の5つの原則
2.不適切な親子関係の5つの目的
3.劣等感と劣等コンプレックス
4.きょうだい競合と家庭の雰囲気
5.課題の分離と目標の一致
6.正負の注目と勇気づけ

・臨床編
1.カウンセリングとサイコセラピーの違い
2.事例

■講師
佐々木匠 先生(佐々木カウンセリングオフィス代表、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、日本アドラー心理学会認定カウンセラー)(個人の相談の他親子、夫婦の相談を行っている)

■日時
2021年3月7日(日)10:00~16:30(休憩12:30~14:00)

■オンライン開催
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。
https://zoom.us/download

■参加費
6,500円 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格
臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、教師、保育士、キャリアコンサルタントなどの資格をもつ対人援助の専門家。もしくは、その学習途中の院生・学生など。

■臨床心理士更新ポイント
臨床心理士の更新のためのポイントを申請する予定です。

■問い合わせ・申し込み
参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「アドラーセミナー参加希望」と明記して、info@s-office-k.comまでメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前
・なまえのふりがな
・所属
・メールアドレス
・所持資格

■申し込み期日
2021年3月4日(木)まで。

■主催
心理オフィスK( https://s-office-k.com/

■詳細
https://s-office-k.com/news/archives/2625
  • 北川 清一郎
  • URL
  • MAIL
  • 2021/01/09 (Sat) 18:33:35

姿勢分析が身につく!STのための姿勢分析・アプローチ連続講座 【分析編】

three-S待望の養成講座開始!!

姿勢無くしてSTなし。
ここ数年で徐々にSTでも姿勢評価やアプローチを行うことはスタンダードになりつつあります。
私達が主に担う、構音・発声・嚥下機能、そしてSTでも算定が取れるようになった呼吸。
全てにおいて姿勢は大きく関わります。

・今まで、姿勢が大切なことは分かっていたけど、どう評価してアプローチして良いか分からない。
・姿勢とSTの臨床が関係していることは分かるが理解ができない。
・色々なセミナーに通ったが、自分のものにできている気がしない。

本当に多くのお悩みの声を聞いてきました。
これらのお悩みに応えるには、まず姿勢とは何なのか、どう評価するのかなど基礎となる部分の理解が必要不可欠です。
本講座では、5カ月かけて概念から評価、そして症例検討までをじっくりとお伝え致します。

もし当日参加が難しい方にも後日復習用動画をお送り致します。
姿勢を診れる、応用の利くSTを目指して!
本講座へのご参加をお待ちしております。

three-Sが運営するオンラインサロン『オンラインコミュニティ』の会員になると受講料無料!!
※月額会員費2,000円はかかります。
https://three-s-st.jimdofree.com/オンラインコミュニティー/

【講座内容】
2021年2月19日(金):姿勢の概論Ⅰ(解剖学・運動学からみる身体の構造と反応、基本的な姿勢の知識)
2021年3月19日(金):姿勢の概論Ⅱ(姿勢の崩れとは何か?どう防ぐのか?どう直すのか?)
活用できる訓練内容や『最低限ここだけ見れば分かるポイント』
2021年4月16日(金):姿勢制御に影響する筋肉・骨・靭帯などの運動器系の要素とは?
2021年5月28日(金):姿勢制御に影響する中枢系・脳神経系の要素とは?
2021年6月18日(金):症例検討(実際の症例をもとに、具体的な姿勢の評価を一緒に考えます)
※期間限定で復習動画配信
時間:21時~23時
お申し込み受付締切:2021年2月15日(月)20時まで
  • three-S
  • URL
  • MAIL
  • 2020/12/26 (Sat) 17:11:02

ST業務実態アンケート調査へのご協力お願い

はじめまして。

NPO法人Reジョブ大阪の代表、西村紀子と申します。

この数年、私は「なくそう未診断・無支援・失職・2次障害」をテーマに

高次脳機能障害や失語症の人の支援を行ってきました。

診断はもちろん医師がするものですが、リハ職の評価も、退院後の生活には非常に大事です。

評価で「平均値以上なので、問題なし」と報告をあげたり「リハは不要です」と評価したりしても、その患者さんも家族も、退院後の生活で、これまで通りに様々なことができなくて、困っている人が本当にたくさんいるのです。
なぜ、リハ職の評価が適切でなかったのかについては、考えるべき要因はたくさんあるのですが、一つに、高次脳機能障害や失語症がある人の退院後の生活を知らない、知る機会が少ないことがあります。
もう一つ、言語聴覚士についていえば、嚥下障害に関わる時間が多くて、高次脳機能障害や失語症がある人の評価やリハの時間が少ないのではないかと思っています。

この仮説について、アンケート調査をしたいと考えています
なお、このアンケートは私が委員を努めます「失語症の日 制定委員会」の活動の一環です。結果は、(公)日本脳卒中協会の会報と言語聴覚士学会で発表する予定です。

謝礼あり。当事者である鈴木大介氏と岡崎憲司氏、言語聴覚士西村が感情抑制について語っている動画となります。
アンケートはこちらです
https://forms.gle/GkYDSYTCXQtF8yGm7


なお、誠に勝手ながら
締切日は12月20日とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
  • 西村紀子
  • URL
  • MAIL
  • 2020/12/03 (Thu) 08:22:42